top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『妖怪大戦争 ガーディアンズ』公開記念-妖怪に加え、ガメラ–そして大魔神も復活!日本のアナログ特撮の魅力を存分に味わえる"妖怪特撮映画祭"開催!

cinefil

『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(8 月 13 日ロードショー)の公開を記念して、 妖怪・特撮作品を一挙上映する「妖怪・特撮映画祭」の開催が、7 月 16 日(金)より、角川 シネマ有楽町にて一挙上映、7 月 23 日(金)より、ところざわサクラタウン ジャパンパビリオン ホールBにて上映、ほか全国順次上映されることが決定いたしました。

近年、特撮界では、2012 年、「館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」 が東京都現代美術館で開催、2020 年、円谷英二生誕の地に「那須川特撮アーカイブセンター」 が設立されるなど、関係者らの働きかけにより、特撮の歴史を紐解き、特撮を 1 つの文化として次世代に継承する運動が高まり、フル CG のデジタル特撮だけでなく、ミニチュアや着ぐるみを使ったアナログ特撮も再注目されています。

本映画祭の上映作品は、そんなアナログ特撮の魅力にあふれた作品群を、3 つのジャンル、<妖怪・怪談><大魔神・ガメラ><スペクタクル・ディザスター・怪奇・幻想>に分けてラインアップ。
妖怪映画とともに、幽霊、怪獣、宇宙人らが登場する特撮映画を一挙上映いたします。

<妖怪・怪談>では、新作『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の原点とされる「妖怪三部作」 (『妖怪百物語』、『妖怪大戦争(1968)』、『東海道お化け道中』)の 4K 修復版や、新作と同じ三池崇史監督による『妖怪大戦争(2005)』をセレクト。

広告の後にも続きます

『妖怪大戦争』1968 4K CAP03 (c)KADOKAWA1968

『妖怪大戦争』1968 4K CAP02 (c)KADOKAWA1968

『妖怪大戦争』2005 (c)2005『妖怪大戦争』製作委員会

<大魔神・ガメラ>では、新作『妖怪大戦争 ガーディアンズ』で重要なキャラクターとして登場、55 年の時を経てスクリーンに復活する“大魔神”、その「大魔神三部作」(『大魔神』、『大魔神怒る』、『大魔神逆襲』)の 4K 修復版、そして、55 周年プロジェクトが絶賛進行中の、『大怪獣ガメラ』をはじめとする昭和ガメラシリーズ 8 作品『小さき勇者たち~ガメラ~』をセレクト。
<スペクタクル・ディザスター・怪奇・幻想>では、日本初の 70mm 映画『釈迦』、ゴジラの着ぐるみ制作にもかかわった造形家・ 大橋史典が造型を担当した『鯨神』『大江山酒天童子』など、バラエティに富んだ作品をセレクト。

『大魔神怒る』 (C)KADOKAWA1966

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル