top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小山慶一郎、コロナ感染のナジャにエール 「乗り切ってね、何か持っていこうか」

ニュースサイトしらべぇ

10日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、小山慶一郎が同日新型コロナウイルス感染が発表されたナジャ・グランディーバに番組内でエールを送った。


■梅沢富美男が代打出演

この日はナジャ出演回だったものの、コロナ感染のため隔週レギュラーの梅沢富美男が2週連続で登場。10日に出演依頼を受け、快諾したのだという。

ふかわりょうから「ナジャさん、ちょっと心配ですね」と声をかけられた小山は「メールしたんですけど、昼くらいに。熱がある、今自宅にいるってことで、ゆっくりしてほしいですね」と語る。

梅沢も「SNSで漫画家の人が、どこにも出かけなくて、たまにコンビニに買い物に行くくらいのもんで、それでコロナになっちゃったらしいね。どこで感染するかわからんわな」と警鐘を鳴らした。


関連記事:小山慶一郎、『バラダン』で自虐川柳を発表 「増える芸歴減るメンバー」

■ナジャにエール

広告の後にも続きます

番組最終盤にもふかわは普段コンビを組む小山に「ナジャさんが今回はお休みで、今、見てくださってると思いますので…」とコメントを促す。

小山は「見てるかな?」と笑わせた後、「忙しかったと思うんですよ、ナジャさん。今、ゆっくり休んでもらって、今このコロナ禍でどんな症状がつらいのかっていうのを、ぜひ覚えておいていただいて、治ったら、皆さんに注意喚起してほしいですね」と語る。

そして、「ナジャさん、乗り切ってね。なにか持っていこうか」とメッセージを送り、手を振った。


■現在は療養中

スタッフが運営するTwitterアカウントによると、ナジャは8日に発熱しPCR検査を受けたところ新型コロナウイルス感染が判明し、現在は自宅で療養中とのこと。

番組終了には、代打出演した梅沢富美男にTwitterアカウントが謝辞を述べる一幕もあった。小山は事務所の関係で写真に写っていないが、本人もきっと優しい言葉をかけられ、感激していることだろう。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル