top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

イギリス第2の空母プリンス・オブ・ウェールズにF-35B初飛来

おたくま経済新聞

 イギリス海軍第2の空母、プリンス・オブ・ウェールズに2021年6月9日(現地時間)、初めてF-35Bが飛来しました。F-35Bは着艦後、飛行甲板での露天繋止やエレベーターでの昇降を行い、再び飛行甲板に出て発艦するまでの手順を乗組員らと実施し、将来の本格的な航空機運用に備えています。

【元の記事はこちら】

 クイーン・エリザベス級空母の2番艦として、2019年12月に就役したプリンス・オブ・ウェールズ(R09)。現在は乗組員が乗艦し、戦力化に向けての運用試験が行われています。

 外洋を航海し、イギリス海軍艦船としての基本的な能力を獲得する段階から、いよいよ航空母艦としての能力を試験するようになったプリンス・オブ・ウェールズ。ついに将来の主力艦載機となるF-35Bを迎えることになりました。

広告の後にも続きます

 今回、空母プリンス・オブ・ウェールズに飛来したのは、第207飛行隊のウィル少佐が操縦するF-35B。マーラム空軍基地を離陸し、イングランド南方沖を航海するプリンス・オブ・ウェールズに記念すべき初着艦を果たしました。

 飛行甲板に降り立ったウィル少佐は「プリンス・オブ・ウェールズに初めて着艦するF-35Bパイロットになれて、とても光栄です。私たちはこれまで姉妹艦のクイーン・エリザベスで訓練してきましたが、今度はプリンス・オブ・ウェールズの皆さんと訓練で得たものを分かち合い、一緒に完全運用能力獲得への道を歩むことを楽しみにしています」とのコメントを残しました。

 プリンス・オブ・ウェールズには出港時、陸軍の攻撃ヘリコプターAH-64アパッチが搭載されていますが、固定翼機が着艦するのは初めて。F-35Bは飛行甲板上を移動し、定められた場所で露天繋止する訓練が実施されたほか、航空機用エレベーターにのせられ、格納庫のある甲板まで昇降。乗組員は実際にF-35Bを運用する際に必要な手順を、実機を使って訓練しました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル