top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

岡田准一と榮倉奈々が良書を守るために大奮闘!「図書館戦争」(2013)

エンタメウィーク(映画)

岡田准一と榮倉奈々が良書を守るために大奮闘!「図書館戦争」(2013)

解説

ベストセラー作家・有川浩の代表作で、コミック化、アニメ化もされた人気シリーズ「図書館戦争」を、岡田准一と榮倉奈々の共演で実写映画化。国家によるメディアの検閲が正当化された日本を舞台に、良書を守るため戦う自衛組織「図書隊」の若者たちの成長や恋を描く。あらゆるメディアを取り締まる「メディア良化法」が施行され30年が過ぎた正化31年。高校時代に図書隊に救われ、強い憧れを抱いて自身も図書隊に入った笠原郁は、鬼教官・堂上篤の厳しい指導を受け、女性隊員として初めて図書特殊部隊(ライブラリータスクフォース)に配属される。個性的な仲間に囲まれ業務に励む郁は、かつて自分を救ってくれた憧れの隊員とは正反対のはずの堂上にひかれていく。監督は「GANTZ」2部作の佐藤信介。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

『阪急電車』や『植物図鑑』の原作を手がけた有川浩の『図書館戦争』を実写映画化したもの。なにより、あの『逃げるは恥だが役に立つ』で知られる野木亜希子が脚本を手がけている本作。

班長の堂上を演じる岡田准一も、笹原演じる榮倉奈々も以前『ダ・ヴィンチ』がとった読者アンケート企画「読者が選ぶ誌上キャスティング」で二人とも一位だったそう。しかし、本作でのキャスティングはその結果とは関係なく、行われたみたいです。岡田准一は日本の俳優の中でもアクションができる演技派の一人として知られていて、まさに特殊部隊員を演じるには完璧な配役。

また、榮倉奈々も可愛いだけじゃなく、しっかりとした強さ、バランスの良い肉体が紅一点で特殊部隊入りした笹原というキャラクターにぴったり。もともと本作はメディアの取り締まりが厳しくなり、図書館法というものが制定された架空の日本が舞台。武力行使をされてまでも、本が検問によって奪われていくという世界観が興味深いですよね。

言論や思考の自由までも奪われそうな、ディストピア一歩手前の時代に人類の知となる本を守るために集まった彼らの戦い、そして良い具合に描かれる恋愛模様が素敵な作品です。本好きは必見!


「図書館戦争」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル