top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「店子」=「てんし」じゃないよ!大人なら知っておきたい《難読漢字》

lamire


「店子」=「てんし」?簡単な漢字なのに、組み合わせが少し変わるだけで読めなくなることは多いですよね…!今回はそんな漢字の中から、大人なら知っておきたい難読漢字をご紹介。いくつ読むことができるかぜひチェックしてみてくださいね。

(1)「眩暈」

まずご紹介していく漢字は「眩暈」です。この漢字、見たことはありますか?とっても難しい漢字に見えますが、実は誰でも経験したことがあるものなんです。貧血などで起きるイメージがあるものですよ。それでは正解を確認していきましょう。「眩暈」は「めまい」と読みます。いろいろな原因で起きる「眩暈」ですが、実は危険な病気が隠れていることも。もしも「眩暈」が起きたときはすぐに病院に行くようにしてくださいね。

(2)「補弼」

「補弼」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字はあまりなじみがないですよね…!言葉も聞いたことがないという人もいるかもしれません。それでは正解を確認していきますよ。「補弼」は「ほひつ」と読みます。「補弼」とは、天子や君主などが政治を行うのを助けることを意味しています。これは知らなかった人が多いのではないでしょうか。聞く機会もあるかもしれないので、ぜひ覚えてみてくださいね。

(3)「時鳥」

次にご紹介していく漢字は「時鳥」です。この漢字は、なんと読むか分かりますか?「ときとり」ではありませんよ!では正解を確認していきましょう。「時鳥」は「ホトトギス」と読みます。「ホトトギス」は聞いたことがありますよね。たった二文字なのにホトトギスと読むなんて難しすぎます。

(4)「店子」

最後は冒頭でもご紹介した「店子」ですよ。これは「たなこ」と読みます。「店子」とは、「家を借りている人」のことを示しているんです。なかなか聞く機会がないですが、不動産用語としては一般的なものなのでぜひ覚えてみてくださいね。

大人なら知っておきたい漢字、覚えてみて…!

今回紹介した漢字は、どれも大人なら覚えておきたいものばかりですよ。知らなかった漢字はぜひこれを機に覚えてみてくださいね♡読めないと恥ずかしい思いをしてしまうこともあるかも…!

TOPICS

ジャンル