top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

世界最高の中盤は誰だ? サッカー選手セントラルMF能力値ランキング16位~20位。世界が注目!スペインの司令塔は何位?(20/21シーズン版)

フットボールチャンネル

世界最高の中盤は誰だ? サッカー選手セントラルMF能力値ランキング16位~20位。世界が注目!スペインの司令塔は何位?(20/21シーズン版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

20位:抜群のテクニックを持つリヨンMF

——————————

MF:フセム・アワール(リヨン / フランス代表)
生年月日:1998年6月30日
市場価格:5000万ユーロ(約60億円)
19/20リーグ戦成績:25試合3得点3アシスト

 地元リヨンの下部組織出身であるフセム・アワールは2017年にトップチーム昇格。同年2月16日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント一回戦1stレグのAZ戦でデビュー。続く23日のAZとの2ndレグで初ゴールを記録した。デビュー2戦目でいきなりゴールを決めて見せた。

 アワールは2017/18シーズンから徐々に出場機会が増え、同シーズンは公式戦44試合7得点6アシストを記録。完全にポジションを掴み取り、2019/20シーズンは大活躍。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝マンチェスター・シティ戦で2アシストを記録し、チームの準決勝進出に貢献した。

広告の後にも続きます

 攻撃的なポジションを担うアワールは守備力と空中戦でやや劣る。しかしドリブルやテクニック、パスの値が非常に高い。相手のプレッシャーを物ともせず、巧みなテクニックで相手をかわし正確無比なパスでチャンスを演出することができる。

 CLでも結果を残したことで、数々のクラブがアワールに注目。そろそろビッグクラブへステップアップしたいところだ。

19位:ナポリの司令塔

MF:ファビアン・ルイス(ナポリ / スペイン代表)
生年月日:1996年4月3日
市場価格:4400万ユーロ(約52.8億円)
19/20リーグ戦成績:33試合3得点6アシスト

 ナポリに所属するスペイン代表MFファビアン・ルイスはレアル・ベティスの下部組織出身。2014年9月21日のマルベージャ戦でBチームの選手としてプロデビューを果たす。翌年8月にはトップチームでリーガデビューとなった。

 だが、中々トップチームで出場機会を与えられず。2017年にエルチェへレンタル移籍となると、18試合に出場1得点2アシストを記録した。翌シーズンはベティスへ復帰すると、35試合3得点6アシストの活躍。2018年7月にナポリへ完全移籍となった。加入初年度のシーズン序盤は怪我の影響もあり出場機会が少なかったが、セリエAでは27試合5得点3アシストを記録。今ではナポリに欠かせない存在となっている。

 ルイスはU-21スペイン代表としてU-21欧州選手権に出場。4試合に出場し、2得点2アシストの活躍でチームの優勝に貢献。大会最優秀選手(MVP)に選出された。その後ナポリでの活躍も認められ、2019年6月7日のフェロー諸島戦でA代表デビューとなった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル