top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

市場規模100億円突破「アーモンドミルク」に“健康に害の可能性”の注意点

アサ芸Biz

 ヘルシーで栄養素も豊富な「植物性ミルク」として注目を集めているアーモンドミルクの市場規模が100億円を突破したと「アーモンドミルク研究会」が明らかにしたが、ネット上ではアーモンドミルクの“ある点”に不満の声が殺到している。

アーモンドミルクはアメリカから2013年に日本へ上陸。低カロリーでビタミンEや食物繊維、カルシウムといった栄養素が多く含まれており、健康志向の高まりによって売上も右肩上がりとなっています。また、昨年はコロナ禍による巣ごもり需要などの影響もあって、同研究会によれば『販売金額が100億円を突破し、 販売量2万2000キロと前年比で販売金額19%増、販売量34%増』と飛躍的に伸びたといいます」(健康食ライター)

 そのためアーモンドミルク商品は売り切れが続出して入手困難になるなど人気が過熱しているが、その一方でネット上では《各社の商品に使用されている添加物に驚愕。これほどに加工しなければ飲用できる物ではないということか》《添加物すごく多い。アーモンドで体にいいものとしてるけど、添加物を考えれば普通にアーモンド食してる方がよっぽど賢いのでは》《どのメーカーのものも砂糖不使用と言いながら、添加物のオンパレード!》など辟易する声が多く見られるのだ。

「確かに、アーモンドミルク飲料の中には乳化剤増粘安定剤人工甘味料リン酸塩など食品添加物が数多く含まれるものがあるのも事実です。中には健康に害を及ぼす可能性が懸念されるものあることから、『健康のためならアーモンドミルクは飲むべきではない』と指摘する医師もいるほど。ただ、最近では添加物不使用のものも数多く登場しているので、健康を気遣うのであれば、きちんと成分を確認して購入した方がいいと思います」(前出・健康食ライター)

広告の後にも続きます

 アーモンドミルクだから必ずしも健康に良いとは限らないのかもしれない。

(小林洋三)

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

TOPICS

ジャンル