top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「何歳になっても、夢を見て良い」平成ノブコブ吉村が語る、夢の持ち方ー『PUBG MOBILE』ゲーム大会「ター君杯」インタビュー

インサイド

「何歳になっても、夢を見て良い」平成ノブコブ吉村が語る、夢の持ち方ー『PUBG MOBILE』ゲーム大会「ター君杯」インタビュー

楽天・田中将大選手が主催したバトルロイヤルゲーム『PUBG MOBILE』のコミュニティ大会「マー君杯」。多くの配信者、プロゲーマーが参戦し大きな盛り上がりを見せました。

今回、自身も生粋の『PUBG MOBILE』プレイヤーでもあるお笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇さんが「ター君杯」を開催します。弊誌では吉村さんにインタビューを実施、大会に込める想い、ゲームを通じて吉村さんが感じた「夢の持ち方」などについて話を訊きました。


――「ター君杯」という大会名を付けられた理由から教えてください。

吉村崇さん(以下、吉村) プロ野球選手の田中将大さんが主催する「マー君杯」という大会があるのですが、それを模して、というか勝手に拝借しました。ビックネームの大会名を勝手に借りています。

――田中選手も『PUBG MOBILE』のプレイヤーとして知られています。面識はあるのですか?

吉村 北海道出身の有名人が集まる「北海道会」という会合があって、田中選手は兵庫県出身なのですが、高校野球の優勝旗を北海道に持ってきてくれた縁から参加してくださっています。「マー君杯」に対抗すべく「ター君杯」を立ち上げました。

――大会として「マー君杯」に対抗しているポイントは

吉村 相手は世界的に有名な方なので、視聴者数・参加者数・知名度では敵わないと思います。ただ、向こうはゲームを愛する人が集う非常にクリーンで紳士的な大会なので、こちらが唯一勝てそうな「賞金」という部分で「お金をガンガン出してやろうかな」と考えていたりはします。でも、田中選手が私財を投じたら一発で負けちゃいますね(笑)。


――「ター君杯」をどんな大会にしたい?

吉村 大会の立ち位置としてはもちろん『PUBG MOBILE』が好きな人にも出て欲しいですが、「企業が上手なプレイヤーと出会って、育てて、世界に輩出していく」ための出会いが生まれる大会にしたいです。普段はゲームに全く関わらない企業も「今はこのジャンルがアツいなら投資してみようかな」って思ってもらえるような。

――レベルの高い人だけが出る大会、ということではないのですね

吉村 『PUBG MOBILE』は世界規模の大きな大会もあるのですが、そこまで賞金が多くない。なので、そこを目指すプレイヤーと彼らを支える人の出会いの場になれば良いなと。プレイで見れば日本の選手ってレベルは高いんですが、世界に打って出られていないのは資金面とか「ゲームって遊びでしょ」と見られる社会的な問題もあると思っています。その部分をちゃんとアスリート化したい想いはあります。

レベルの高い方も嬉しいですけど、そうでない方も参加してほしいですね。予算があれば「ター君杯 ビギナーズ部門」とかも作りたいですよ。

――上級者と初心者がデュオ(2人1組のチーム戦)を組む大会形式も将来的に面白そうです

吉村 上手い人が歩み寄る必要はあると思います。僕の出身地の北海道にプロ野球チームの北海道日本ハムファイターズが移転した時、野球はそんなに根付いてなかったのでホームという雰囲気がありませんでした。でも、球団が僕たちアマチュアとの距離をすごく積極的に縮めてくれたので、今では強固なチームと強固なファンが生まれたんですよね。将来的にはゲームでも「上手い配信者が手取り足取り教えましょう」という流れが出来たら良いなと思います。

――初心者や初めての人のために大会の見どころについても教えてください。

吉村 すごく「観やすく」なっています。解説者を芸人が務めるので、大会の面白さをほぐして伝えられると思います。もちろんプレイの腕はプロに比べれば上手くはないですけど、初心者の人にも伝わるように上手くまろやかに繋いで橋渡しできるのが芸人なんです。ほぐした魅力を単純に楽しんでもらえたらゲームの内容も入ってくると思いますし、笑えてポップな、バラエティのようなものになると思います。


お笑い芸人は、状況をほぐして伝える能力に特化していますし、下手な人でも面白おかしくイジってスターに出来るのも芸人なんですよね。「ゲームの解説と芸人って相性良いんだな」と、ここまで何回か大会をやってみて思いました。まぁ、全員がそうではないんですけどね。僕は負けたら感情が出てうわーってなったり黙ったりしてしまうので、ダメな方なんですが(笑)。

「ター君杯」を見るのが初めての方には、は一流のプレイに実況と解説を含めたショーとして観てもらいたいです。

――今回「MEP(モストエキセントリックパーソン)」としてクリエイティブなプレイや魅力的な戦術をした人への表彰があります。例えばどんなプレイが評価対象になるのでしょうか

吉村 大会ってどうしても皆が生き残りたいので膠着状態が多くて、同じようなパターンになりがちです。そこをかき乱すように、止まった状況を動かしてくれたら勝っても負けても評価されるかも知れません。あとは僕は検問(あるエリアを陣取って、陣取ったエリアを渡ってくる敵を倒し切る戦法)が好きですから、とにかく検問だけするとか、とにかく車に乗ってクラクション鳴らしながら爆走するとか。

――アクティブな動きが評価されるということですね

吉村 とにかくアクティブに動いて奇跡を起こして欲しいですね。「グレネードを投げたら跳ね返って別の敵を倒した」とかでも良いですし、我々が見ているタイミングで車が崖の上から海へ飛び出してしまったら、それはミスですけど盛り上がれば何か賞を贈りたいです。

――吉村さんは非常に長く『PUBG MOBILE』をプレイされ続けていますよね

吉村 これはゲームからは離れるんですが、仕事などで色んな成功者の話を聞いてみると「学生時代は6年間ずっと部活漬けで」みたいな人が多いんですよ。最初に熱中して没頭したものが何かあって、それを辞めたとしてもその先に繋がることが起きてるんです。周りにどう思われても何かを5年、6年とやり抜くことって絶対意味があるんだなって思いますね。

――やり続けることの重要さを『PUBG MOBILE』で感じる場面もありますか。


吉村 よく一緒にプレイしているオフローズのカンノコレクションという吉本の若手芸人なんて、数年前の大会では皆が最新の機器を使っている中で一番古いiphoneで参加して笑われたところからスタートでした。それが今では大会を開けるようになった。あそこで辞めてしまっていたら大会もなかったし、注目されることもなかった訳ですから、とにかく『PUBG MOBILE』に限らず何事も続けてみるべきですよね。程よい面白さと難しさがないと続けるのは難しいですが。

──他に『PUBG MOBILE』を通じて何か自分の考え方に変化があったと実感することはありますか

吉村 自分のことがよく分かりましたね。自分って「こんなに短気で嫌な奴なんだ」って(笑)。自分が悪くても相手のせいにするし、腹が立ったらタブレットや壁に当たりたくなる。でも40歳にもなってこんなに感情が出るんだなって分かったのは良かったと思います。スッキリするんですよね。

――お仕事にも変化はありますか?

吉村 『PUBG MOBILE』でイラっとする感情を吐き出しているから、仕事では動じないようになりますし、視野も広くなった気がします。年長なのでスクワッド(4人1組のチーム戦)ではリーダーになることも多いんですけど、何かでリーダーを務める時の予行演習にもなりますよ。


あとは「悪い時に謝れる」人間になりましたね。昔は負けると「なんかラグくて動かなかった」とか、変な嘘もつきましたよ(笑)。でも、そんなことしててもしょうがないなって気付いて、今は「俺のミスだった、ごめん」て言えるようになりました。人間って初手はどうしても嘘つくんですよね。寝坊したのに「道が混んでて……」って。でも今は「すみません、寝坊しました。ごめんなさい」って言えるようになりました。そしたら社会って意外と許してくれるんですよ。むしろ嘘をついた方が長引く。

―― ゲームを通じて現実にも良い影響があるということですね

吉村 一緒にプレイするだけでも相手の人柄って分かるじゃないですか。「嫌な奴だな~」って思う事もあれば、気が合うんだったら男女としても気が合う可能性もありますよね。奇跡的に九州と北海道の出会いになったこともあるって聞いたこともありますよ。

あとは、ゲームでも怖いので「戦争は絶対嫌だな」って改めて感じましたね。自分がその場にいたら震えるちゃうと思います。怖いからこそ、有事に冷静に対処できるようにな危機管理能力にも繋がってるのかなとも思いますけど。

──ゲーム対戦は「e-Sports」と呼ばれて注目もされていますが、吉村さん個人としてはどう感じていますか

吉村 ものすごくチャンスだと思います。冷静に考えれば、お笑いだって「大人になってやるもんじゃない」と言われてた職業だったものが、段々と大学を出た人も目指すようになっていますよね。YouTuberとかも今後はそうなるのかもしれないです。

まだ「e-Sports」は最近できたものですから、まだそこまで乗り遅れずについていくチャンスがあるんです。それをしっかりと大きくしていくためには、選手じゃなくて僕らみたいな関係ない人の作る空気感であり、企業による支援なんですよね。早めに参加していくことで歴史に残るようなプレイヤーが出てくると思いますし、既に出始めている。


中には「まだ高校生だから賞金を貰えない」というハードルもあるようなのですが、そうした壁も撤廃したり乗り越えたりしていけば十億円プレイヤーが生まれるかも知れないし、また目指す人が増えて盛り上がりますよね。世界大会を日本に誘致できるかも知れません。ここがチャンスだと思いますし、今を逃すと乗り遅れる歴史を繰り返してしまう可能性もあるんじゃないかと。

――そういった部分に対しても、吉村さんの大会でもお手伝いしてけそうです

吉村 素晴らしいことにゲームは、人種、性別、年齢、ハンディキャップがあまり関係ないですよね。男女混合の試合ってスポーツではほぼ見られないですけど、ゲームでなら真の腕前勝負が出来るので、そこが魅力かなと。

――ありがとうございます。それでは最後に読者の方にメッセージをお願いします

吉村 何も上手くない、たかが芸人の自分が「やりたい」と言ったことからスタートして、ありがたいことに大会を開催することができて、本当にいろいろ方が力を貸してくれています。「何か言ってみることで形になるんだな」という勇気を伝えたいですし、何歳でも夢を見て良いんだなって感じて欲しいです。

大会を見て燃えるものを見つけた50歳の人が「プロになりたい!」って思っても良いですし、単純に笑って帰っても良い。何でもありの色んなごちゃまぜの大会なので、難しく考えずに楽しんで是非参加してください!


吉村さんが主催する第2回「ター君杯」は、6月12日22時より開催予定。現在は「吉本自宅ゲーム部」のTwitterにて参加希望者を募集中です。

TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル