top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

石原さとみ『恋はDeepに』人魚設定や主役キャラは失敗…だが、それでもいい理由

SmartFLASH

 

 主演の2人にとって、失敗だったと思う。

 だが、前のめりの転倒という感じ。チャレンジした結果の失敗は、石原さとみと綾野剛の今後の役者人生の糧になるんじゃないだろうか。

 

 今夜、最終回を迎える石原&綾野のダブル主演作『恋はDeepに』(日本テレビ系)は、内容が酷評されることが多々あり、視聴率的にも苦戦中。

広告の後にも続きます

 

 

 海を愛する海洋学者の渚海音(石原)と、リゾート開発を進める大企業の御曹司・蓮田倫太郎(綾野)の恋愛ドラマと思われていた本作は、実は海音が人魚だったというファンタジーラブコメであることが、ストーリーが進むにつれて判明。

 

 視聴率は第1話こそ10.5%と二桁台だったが、第2話~4話が8%台、第5話~第7話が7%台と減少していき、第8話は8%台に戻したが、ここまでの計8話の平均視聴率は8.4%。
(※視聴率はビデオリサーチ調べ/平均世帯視聴率/関東地区)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル