top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

イギリスではペットに遺産を託すことができない。ペットも遺産もエリザベス女王に譲渡される場合もある

カラパイア

dog-2785074_640_e

 ペットを残して先立たなければならない場合、飼い主は残されるペットにできる限りのことをしたいと思うだろう。

 アメリカでは、犬猫などのペットが飼い主の多額の遺産を引き継ぐケースもあるが、イギリスはペットにお金を残すことに関する法的スタンスは異なるようだ。

 飼い主に遺族や遺言が残されていない場合、ペットは「動産」と見なされ、遺産を含め全て女王に譲渡される場合もあるという。

ペットは「動産」とみなすイギリス


 飼い主が先に旅立つ場合、最愛のペットが飼い主の遺産を継続するというケースは、アメリカでは決して珍しくはない。

 New York Postによると、2015年にマンハッタンに住んでいたレズリー・アン・マンデルという女性起業家が、ペットの犬、猫、そして32羽のオカメインコに10万ドル(約110万円)の遺産を残したという。

 マンデルさんは、自分が旅立った後もペットがどのように暮らしていくかについて、非常に細かな指示を残したそうだ。

dog-5753302_640_e
pixabay

 一方、イギリスではペットに飼い主の意思で遺産を残すことは、なかなか容易ではない。

 動物福祉に手厚い国として知られているイギリスだが、財産分与の話になるとペットは動産であるために権利の主体にならないからだ。

 つまり、飼い主がペットのために遺産を残したくても、動産である以上資産は継承できないのだ。

cat-3261420_640_e
pixabay

女王にペットを含む財産を譲渡される可能性も


 イギリスで遺産争いや信託紛争、検認の整理を専門としている法律事務所創設者およびディレクターのマーティン・ホールズワースさんは、このように述べている。

法的に言うと、イギリスでは犬猫などのペットは動産なので、飼い主が遺産を残したくても冷蔵庫やXboxなどの物にお金を残すことができないように、それは不可能となっています。

もし、遺言に既存のペットについての言及がない場合、もしくは遺言自体がない場合、ペットは他の動産と同じように扱われ、権利ある受益者間で分けられます。

受益者にはペットの世話の保証や義務がないので、世話をすることを拒否することもできますし、ペットを受け入れたとしても、金銭的規定は発生せず、あくまでも世話は自己負担になります。

もし遺言があれば、指定された遺言執行者には「財産を分配するまで保存する」という法的義務が生じるので、ペットに家が見つかるまでは遺言執行者が引き取って面倒をみなければならない場合もあります。

もっと極端な話をすれば、遺族や遺言を残さず亡くなった場合、財産はペットを含み女王に譲渡されることもあります。

dog-5621146_640_e
pixabay

イギリスでペットの将来の世話を保護するためにできること


 ペットに資産を与えたり、遺産相続をしたりする権利が与えられないイギリスだが、やはり飼い主としては残されるペットに何らかの保障を与えておきたいことだろう。

 そこで、イギリスでは複数の選択方法がある。一番手っ取り早いのは、生前にペットを信頼できる誰かに託すことだ。そしてその人物に、今後ペットにかかる餌代や獣医費用などを一括現金で渡しておく。

 しかしこの場合、受取人に法的義務は発生しないため、万が一の場合拒否されたり、ペットを引き受けたものの、世話をせずに売ってそのお金を手にするという最悪の事態になり得ることもあると覚悟しておかねばならないという。

 他の方法としては、ペット信託を持っておくことが勧められているようだ。

 通常、イギリスではペットとペットの維持費を賄うための資金を持っている信託の受託者として2名を任命する。

 受託者は、1日2回の散歩など、ペットの世話をする時に課す義務を設定するために信託を起草することができる。

 この選択の利点は、受託者が信託の条件に従う義務があること。しかし、マイナス面は飼い主が生前にそれを準備し、誰かに受託者になってもらうことに同意してもらわなければならず、それの費用がかかるということだ。

 更に、RSPCA(英国動物虐待防止協会)にペットを引き取ってもらうという選択肢もある。

 RSPCAは無料で世話をしてくれるが、遺言執行者がこの機関を利用できるようにする条件を遺言に含めることが推奨されている。

Top image:photo by Pixabay /References:Mirror / written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル