top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『マイティ・グース』レビュー:爽快感と歯ごたえある難易度を両立させたアクションシューティング

ガジェット通信

笑えるうえに気分爽快! 6月5日にリリースされた『マイティ・グース』はそんな作品だ。アクションゲームの楽しさをシンプルに教えてくれる。しかし、それだけではない。シンプルな楽しさの中に、『メタルスラッグ』や『魂斗羅』といったアクションシューティングの名作たちへのリスペクトが溢れている。いわば、アクションシューティング愛に満ちた作品といえるだろう。

『メタルスラッグ』や『魂斗羅』の流れをくんだ新作アクションシューティング

『マイティ・グース』は、PlayStation5、PlayStation4、Nintendo Switch、Xbox One、PCといったプラットフォーム向けに発売されたアクションシューティングゲーム。主人公は、伝説の賞金稼ぎマイティ・グース。こう書くとカッコいいが、マイティ・グースはガチョウだ。ただ、ガチョウといっても宇宙最強のガチョウであり、武装したビジュアル面もあいまって、結局のところカッコイイ。プレイヤーはそんなマイティ・グースを操り、宇宙の支配者ヴォイド・キングに立ち向かっていく。

ゲーム内容は『メタルスラッグ』や『魂斗羅』といった横スクロールアクションシューティングの流れをくんだものとなっている。プレイするととりわけ『メタルスラッグ』の影響が強いことに気づくだろう。

マイティ・グースのメインアクションは、メインウェポンによるショットとジャンプ。メインウェポンはジャンプと組み合わせることで上下左右の撃ち分けが可能。メインウェポンの種類はアイテムを獲得することで変更でき、弾丸を撃ち尽くすとノーマルショットへ切り替わる。この辺りの仕様が、先述したように『メタルスラッグ』を強くイメージさせる。

さらに、マイティ・グースは乗り物に乗り込むことができる。そのひとつである「ウォーマシン」は、ジャンプ可能なデフォルメ戦車というビジュアル、そして180度に方向切り替え可能なメインショット…という仕様からここでもとりわけ『メタルスラッグ』感が強い。

広告の後にも続きます

そもそも本作は『メタルスラッグ』や『魂斗羅』といった作品からの影響を受けていると明言している。なので、こうした作品の流れをくんでいることは全く問題ない。重要なのは、影響を受けただけで終わっている作品あのか、それとも本作ならではの要素があるのかという点だろう。そして本作は、独自要素がバッチリ、タップリ用意されている。

ド派手なビジュアル演出で超爽快感!

まず、本作ならではの要素といえるのがビジュアル表現だろう。『メタルスラッグ』や『魂斗羅』といった名作アクションシューティングたちはいずれも、グラデーションを使ったリアル志向の彩色を行っていた。一方本作はいわゆる「アニメ塗り」と言われる彩色。さらにコミカルでポップなキャラクターデザインもあいまって、カートゥーンアニメを思わせるビジュアルテイストに仕上がっている。

ポップなビジュアルが持つイメージを損なうことなく、動作は非常に軽快。さらに、大量の敵キャラ、数多くの銃弾、そしてド派手なエフェクトが入り乱れるため、超ド派手。爽快感と興奮で、アドレナリンが噴出せずにはいられないビジュアルだ。

とはいえ、『メタルスラッグ』や『魂斗羅』を知る人なら、「爽快」と聞いても「本当にそうなの?」と疑うかもしれない。『メタルスラッグ』や『魂斗羅』も爽快感に溢れる作品なのだが、同時に高難易度を誇る作品でもあった。なので、それらの流れをくむ本作もまた、難易度が高いのではないかと考えてしまうのではないだろうか。そしてこの難易度という点について本作はおもしろいアプローチをしている。

本作の難易度は決して簡単ではない。歯ごたえのある難易度だ。特にステージ3からググっと難易度がアップする。ちなみに、このステージ3から難易度がアップするという仕様も、『メタルスラッグ』『魂斗羅』といった作品へのリスペクトを感じさせる。

『メタルスラッグ』も『魂斗羅』も、いずれもアーケード出身のゲーム。アーケードゲームは、プレイヤーを楽しませつつ、しっかりプレイ料金を回収するため、ステージ1、2はカンタン、ステージ3から一気に難易度アップ……というバランスにすることが多かったのだ。とはいえ、本作はただ難易度が高いわけではない。プレイヤーを支援する様々な要素によって、難易度が調整されるのだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル