top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

グーグルマップが苦手でも大丈夫! 方向音痴をなおすコツ、教えます!

BOOKウォッチ

方向音痴って、なおるんですか?(交通新聞社)<amazonで購入>

 初めての場所へ行く時、地図を見れば難なくたどり着ける、あるいはグーグルマップのナビ機能さえあれば迷うことはない、という人もいれば、グーグルマップを見ても、最初の一歩からどちらに進むべきかわからない、という人もいる。

 ライター・エッセイストの吉玉(よしだま)サキさんは後者だ。それも、5年住んでいる自宅周辺でさえ迷子になるという筋金入りの方向音痴。そんな吉玉さんの著書『方向音痴ってなおるんですか?』(交通新聞社)は、方向音痴を自覚している人はもちろん、絶対に迷わない自信がある人にも「そうだったのか!」が満載のエッセイだ。


 あの「散歩の達人(さんたつ)」編集部の企画だけに、「地図の読み方」にとどまらない。認知科学や地図、地形、地名の達人たちに、「迷わないコツ」や「ブラタモリ」的な街歩きの楽しみ方も教わりながら、吉玉さんが方向音痴を克服していく。

東西南北ではなく前後左右で言ってほしい

 まずは現状把握から。次の「方向音痴あるある」に「そうそう!」と共感した人は、残念ながら方向音痴確定だ。

その1.地図をくるくる回してしまう

広告の後にも続きます

 吉玉さんはもちろんイエス。進行方向を上にしていないと、どちらに曲がるかわからなくなるという。常に北を上にしていると、目的地が南の場合「後ずさりしていかなきゃ道がわからなくなっちゃう」。

その2.最初の一歩を勘で歩き出す

 駅の出口を出たらいちかばちか勘で歩いてみて、アプリ上の現在地マークが思い通りに進んだら、「こっちでいいんだな」と安心する。

 そのほかの「あるある」は以下の通り。

その3.「北が上じゃない地図」を見てもそのことに気付かない
その4.カーナビやアプリの機能に酔う
その5.ショッピングモールで同じ店にばかりたどり着く
その6.太陽を当てにする
その7.個室居酒屋でトイレから帰ってこられない
その8.東西南北でなく前後左右で言ってほしい
その9.マップアプリに向かって怒る
その10.駐車場に停めた自分の車を探せない
その11.ゲーム内でも道に迷う

 ほとんどの項目に当てはまった吉玉さん。なぜ迷ってしまうのかを探るべく、実際にグーグルマップを使い、池袋で散歩にチャレンジした。目的地は駅から徒歩10分のカフェ。吉玉さんは駅構内で迷い出口までに12分、さらにそこから文字通り紆余曲折のすえ40分かけて、ようやく到着した。

 検証の結果、吉玉さんがグーグルマップで迷子になる理由は、次の通り。

・直角に交差していない十字路で迷う
・地図と現実の風景を照合できない
・グーグルマップで現在地マークに誤差があるとパニックになる
・注意力が散漫&視野が狭い
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル