top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

あげもん![インタビュー]インフルエンサー橋本からあげプロデュース“ガチでHOTなアイドル”がブチ上げる熱き野望「ZeppやTDCホールのステージに立つという夢を叶えたいし、ファンもそこに連れて行きたい」

Pop'n'Roll

YouTuber/アイドルプロデューサーの橋本からあげが、新時代における新しい形のアイドルエンタテインメントの創造を目指して立ち上げた新プロジェクト『IDOL NEW AGE PROJECT』の第1弾グループ『あげもん!』。2021年の年始からスタートしたオーディションに合格した、一ノ瀬愛(いちのせ あい)、天てんる(あま てんる)、如月雫(きさらぎ しずく)、宮坂美波(みやざか みなみ)、桜井優奈(さくらい ゆうな)の5名に、橋本の声がけによって輪廻りん(りんね りん)と華弓姫杏(かぐら あん)が加わり、この春から7名で活動をスタートした。“令和イチ、ガチでHOTなアイドル”をコンセプトに、アイドルシーンに“火傷注意!”な熱気をもたらそうと目論むアゲアゲな新生に、グループ結成から今後の目標までたっぷり語ってもらった。

【画像はこちら】

編集協力:竹内伸一

作詞&作曲もやっていて、ちょっと闇系の曲とか作ってます(如月) まだアイドルを続けたいと思って、オーディションを受けました(宮坂)

――初めてのインタビューなので、まずは自己紹介をお願いします。

一ノ瀬:
一ノ瀬愛です。あだ名はあいぽんです。お菓子が好きです。終わりです(笑)。

天:
天てんるです。あだ名はてんてんです。パイナップルが好きです。

如月:
如月雫です。アニメと声優と寝ることが大好きです。特に好きなのが歌うことです。趣味でギターもやっています。しーずーって呼んでください。

宮坂:
赤色担当の宮坂美波です。特技はドラムです。みょーちゃんって呼ばれています。

桜井:
ピンク担当の桜井優奈です。アニメと、マンガを読むことにハマっています。

輪廻:
白色担当の輪廻りんです。“りんねりん”という名前なので、あだ名はりんりんがいいかなって思ってます(笑)。好きな食べ物は牛タンです。牛タンが大好きです!

華弓姫:
リーダーの華弓姫杏です。紫色担当です。趣味はロリータ服を着ることです。ロリータモデルもやっています。好きなものはマイメロとお洋服……特にゴスロリのお洋服が好きです。

――アイドルになりたいと思ったきっかけを教えてもらえますか?

一ノ瀬:
小学校の時にAKB48が好きで、その頃からアイドルになりたいって思ってました。そういう夢はあったんですけど、出身が北海道の田舎の方なので、なかなかオーディションとかを受けられなくて。高校卒業した時に上京することになって、そのタイミングで、今回のオーディションを見つけたので、受けることにしました。

――AKB48では誰のファンだったんですか?

一ノ瀬:
ゆきりん(柏木由紀)です。私にはすっごく輝いて見えました!

天:
私は、小学校と高校の時にダンスを習ってて。もともとアイドルが好きというよりは、パフォーマンスでダンスをやりたかったんです。それと、歌も好きなので、大学では軽音楽部に入りました。ステージでみんなの前で歌った時に、“わぁ~!”って歓声が起こったんですよ。それに感動して忘れられなくて。歌とダンスで輝けるものといえばアイドルだと思って、オーディションを受けることにしました。

――ちなみに軽音部のステージでは、どんな曲を歌ったんですか?

天:
SHISHAMOの曲を歌いました。自分の声に合わせて手拍子が起きたりして、感動しちゃいました。次は、歌って踊れるアイドルとして多くの人を感動させられたらいいなと思っています。

――SHISHAMOの曲ってことは、ギターを弾きながら歌ったんですか?

天:
この時はボーカルとしてライブをしたので歌だけです! ギターは今、めちゃめちゃ練習中です。

如月:
もともと歌うことが好きで、作詞&作曲もやっているんです。歌に関係するお仕事に就きたいなって思って、高校は芸能の学校に通いました。でも、卒業したら上京することは決めていたんですけど、自分がどうなりたいのかは定まっていなくて。大学に進学するべきなのか、事務所に所属して音楽活動を始めるのか……悩んでいた時に、今回のオーディションを見つけたんです。配信アプリとか、一切やったことがなかったんですけど、ほとんど勘みたいな感じで、受けることにしたんです。オーディションに参加しているうちに、ここで頑張りたいなって思うようになりました。

――配信では、どんなことを頑張りましたか?

如月:
ツイッターのツイート内容や、配信での発言には気をつけました。配信を観てくださる方が、退屈しないようにと思って。定期的に歌ってみたりとか、ただトークをするだけじゃなくて、自分の見せ方にこだわりを持ってやっていました。

――話が戻りますけど、作詞&作曲って、どんな曲を作っているんですか?

如月:
ちょっと闇系の曲とか(笑)。ボーカロイドの曲が好きで、それをやってみたりとか。

――初音ミクとか?

如月:
まだまだ勉強中ですが、作れます!

――打ち込みができるんですね。

如月:
はい!アニメが好きなので、アニソンっぽい曲を作ってみたりとか……それと、アコギでも、あいみょんさんみたいな曲を作曲したこともあります。

如月雫

広告の後にも続きます

――いわゆるJ-POPっぽい曲を作ることもあるんですね。続いて、宮坂さんは、アイドルを目指すきっかけは何ですか?

宮坂:
私は小学校の頃からダンスを習っていて、その頃からアイドルになりたいと思っていました。それでいろいろなオーディションを受けてきました。去年1年、アイドルとして活動していたんですけど、グループが解散しちゃって。でも、まだアイドルを続けたいと思って、オーディションを受けました。

――ちなみに、ドラムが趣味ということで、ツイッターを拝見したんですけど、ドラム、めちゃめちゃすごいですね! プロテスト・ザ・ヒーロー(カナダのプログレッシブメタルバド)の曲って難しいですよね?

宮坂:
あ、ご存知ですか! ドラムも頑張りたいです(笑)。

――桜井さんは、どんなきっかけでアイドルに?

桜井:
私ももともとアイドルがすごく好きで。特に=LOVEの大谷映美里さんが好きなんです。私も映美里さんみたいに、男性からも女性からも人気があるアイドルになりたいなと思って、今回、オーディションに応募しました。

――大谷さんのどんなところが刺さったんですか?

桜井:
顔もすごく好きなんですけど、メイクの配信をしていたりとか、自分の見せ方がすごく上手だし、毎回、違う服を着ていたりしていて、それをインスタとかに載せているんですけど、そうやって発信しているのが素敵だなと思います。

――大谷さんの配信やインスタを見て、参考にしたりしていますか?

桜井:
そうですね。同じ服を買ったり、化粧品を真似してみたりはしています。

――続いて、輪廻さん、アイドルを目指したきっかけを教えてください。

輪廻:
私はもともと自分に自信がなくて、どこかで自分を認めてもらいたい、自分の居場所がほしいなってずっと思っていたんです。自分に自信をつけるための一環として、今年からTikTokを始めたら、だんだん観てくださる方が増えて。プロデューサーの(橋本)からあげさんも観てくださって、声をかけていただいたのがきっかけで、このグループに入ることになりました。

――これまでアイドル活動をしていたわけではないんですね?

輪廻:
未経験です。

――TikTokではどんなことをやっていたんですか?

輪廻:
音源に合わせて踊ったりとか、私はタイとのハーフなので、タイの豆知識みたいなことを紹介してみたりとか。観てもらえるように、なるべく工夫はしているんですけど……。

――タイの豆知識、何か1つ教えてください。

桜井:
バズったやつ、教えて!

輪廻:
タイのあだ名って独特なんですよ。日本だと、例えば私だったら“りんねりん”なので“りんりん”とかってなりますよね。名前をもじったりすることが多いと思うんですけど、タイはまったく関係ないあだ名をつけるんですよ。エビちゃんとか、指輪ちゃんとか、リンゴちゃんとか。“ドラえもん”っていうあだ名の子とかいますよ(笑)。

――それって、似ているからってことではなくて?

輪廻:
そうじゃないんです! タイでもドラえもんは人気なので、自分の子供に“ドラえもん”っていうニックネームをつけちゃうんです(笑)。

――自分の好きなものや、人気があるものにあやかるんですね。面白いですね! 最後に華弓姫さん、アイドルを目指したきっかけを教えてください。

華弓姫:
私は中学生からアイドルをやっているんです。この間、アイドルグループを卒業したんですけど、そのあと、からあげさんから直接声をかけてもらったので、入ることに決めました。

――中学生の時にアイドルになろうと思ったのはなぜですか?

華弓姫:
欅坂46が好きで。私はダンスをずっと習っているんですけど、欅坂46は、ダンスをメインにやっているじゃないですか。それを見て、私もそういうアイドルになりたいと思ったのがきっかけです。今は、モデルをやりながらアイドルもやるというのが夢です。

――モデルとしては、ロリータが多いんですか?

華弓姫:
はい。ロリータモデルもやっています。もっとほかのモデル……ブランドのモデルとか、いろいろやっていけたらと思っています。

宮坂美波

あげもん!

1日8時間以上配信をやるって決めてやっていました(一ノ瀬) からあげさんの言葉は私にジャストフィットで、ズキュンと来ました(天)

――華弓姫さんと輪廻さんは、オーディションのあとにグループへの加入が決まったんですよね。

華弓姫・輪廻:
はい。

――ほかの5人はオーディションを経てグループに加入となりましたけど、オーディションの時に印象に残っていることは?

一ノ瀬:
配信が大変でした。リツイート審査というのがあったんですけど、それも配信でお声がけをして、リツイート数を増やして。私は1日8時間以上配信をやるって決めてやっていたんです。

――8時間ってすごいですね。どんなことをやっていたんですか?

一ノ瀬:
もうひたすら話してました(笑)。ずっとコメントに答えて。観てくださる方がいたから、できたことなんですけどね。

天:
私は実家なので、(配信できる)時間が限られていて。毎回の配信で、どれだけ観てもらえるかをすごく考えて、いろいろ企画をやりました。例えば、“◯ポイント以上のスタンプがもらえたら、苦手なものに挑戦する”とか。“大嫌いなブロッコリーとニンジンを食べます”ってやったら、想像以上にめちゃめちゃ(スタンプを)投げてもらえて(笑)。ニンジンまるまる1本と、冷凍のブロッコリー1袋を食べることになってしまいました(笑)。ほんとに、ホントに心の底から嫌いなんです。でも、気合いで全部食べました!

如月:
えら~い!

天:
もうブロッコリーとニンジンは見るのも嫌です(笑)。でも、そういう企画をやることで、私の配信は観てて飽きない、楽しいって思ってもらえたら嬉しいなと思って。最終日に、すごく接戦だったんですよ……。

桜井:
私と2人、すごく接戦だったんです。

天:
最初は追いつかないくらい差があったんですけど、最後の1秒くらいで逆転したんです(ニッコリ)。もう、大泣きしました(笑)。

――めちゃめちゃ身体を張って頑張ったんですね。

天:
めっちゃ身体を張りましたし、泣いたし、大喜びもしたし、喜怒哀楽が激しい配信でした(笑)。でも、めっちゃ楽しかったです!

如月:
私は、初日に“辞めます”って言った1人なんです。1回配信をやってみたら、“ダメだ、
こりゃ”って思ってしまって(笑)。配信は向いていないなって。画面に向かって話をするって初めてだったので緊張するし。それですごく落ち込んでしまったんですけど、1回目の配信を観てくださった方がけっこういらっしゃって、最初は出遅れたんですけど、順位が一気にグンと上がったんです。それでミクチャの方に、“これだけ順位が上がったんだから大丈夫だよ”って声をかけていただいて、それで大丈夫なのかなって続けた感じなんです。でも、ホントに苦手で、週に2回くらいしかできなかったんですけど、それでも観に来てくれる視聴者さんがいらっしゃって、そういう温かさに救われました。私が苦手だってわかってくれて“無理しなくていいよ、長い時間配信できる日もあれば、できない日もあるだろうけど、自分たちは関係なく観に行くから”って言ってくださって、支えてくれる方の温かさを知って、やってよかったなって思いました。実は私、“辞める”って言ったの、1回だけじゃないです(笑)。何度も、もうだめだって思ってしまって。観てくださる方が温かかったから頑張れたと思うし、苦手なことも乗り越えられるんだなって思いました。

――すごくいい経験になったんじゃないですか?

如月:
そう思います。人前に立つのってすごく緊張しちゃうタイプなんですけど、みなさん温かい方なので、頑張れました。

宮坂:
私も配信がすごく苦手で。配信の審査って、毎日顔出しで配信するのが基本なんですけど、それが超しんどかったです(笑)。

一同:
はははは(爆笑)。

宮坂:
でも、1回も休まず頑張りました。新規のファンの方がついたのも嬉しかったですし、前やっていたグループのファンの方も応援してくれて嬉しかったです。いい経験になりました。

桜井:
私は基本的に夜中に配信していたんです。たいてい夜中の1時くらいから朝の6時とか7時とかまで。夜中に配信している子って、あまりいなかったので、けっこうみんな観にきてくれました。同じオーディションを受けている子も遊びにきてくれましたし。それでオーディションに参加した子たちがすごく仲よくなったんです。お互いライバルではあるんですけど、バチバチした雰囲気にならないで、お互い頑張ろうって言い合える関係になれたように思います。ほかにはないすごく温かいオーディションだったんじゃないかなって。“オーディションに参加している子たちが仲がいいって珍しいね”って、ほかのオーディションに参加している子に言われました。私もほかの子の配信を観に行ったりしましたし、コラボをしたり。寝る時間がなくなってすごくきついなって思う部分もあったんですけど……何もしたくない日もあるじゃないですか。そういう日でもメイクして顔を出さなくちゃいけないし(笑)。でも、ラジオよりも顔出しの方が嬉しいとリスナーさんが言ってくれたので頑張りました! きついこともあったけど、お互いが支え合って、励まし合ってやっていたので、楽しく配信ができましたね。

一ノ瀬愛

――配信を通じて仲よくなった子もいたわけですね。実際、顔を合わせたのは、そのあとですよね?

桜井:
私は(コラボなどで)会った子もいるんですけど、基本的には(配信審査のあとに)初めて会いました。

如月:
実はこの7人の中に仲がよい子がいたわけではないんです(笑)。(グループには参加しなかった)ほかの子と仲よくて。

天:
でも、この3人(一ノ瀬、天、桜井)は、けっこう配信に遊びにいったりしてたよね。

――では、この7人が初めて顔を合わせたのはいつなんですか?

桜井:
振り付けの初日だから……1ヵ月くらい前だったかな。4月の下旬くらいだったと思います。

――7人で初めて顔合わせをした時の印象は?

一同:
(なぜか沈黙)

――覚えていないみたいですね(笑)。

華弓姫:
覚えていないわけではなくて、私はあまりしゃべるタイプではないので(苦笑)。私が1番最後にレッスン場に行ったんですけど、みんなが私に話しかけにきてくれました(笑)。そこからだんだん話すようになった……のかな(笑)。

――あまり話さないけど、華弓姫さんがリーダーなんですよね? どういう経緯でリーダーに決まったんですか?

華弓姫:
わからないです(笑)。

一同:
はははは(爆笑)。

華弓姫:
私がもともとアイドルをやっていたからかな。

マネージャー:
経験者だということもありますが、実はストイックでプロ意識が高く、しっかり者なので、リーダーをお願いしました。

華弓姫:
私、ちゃんとしゃべれますよ! 普段からそんなに騒ぐタイプじゃないっていうだけで、やる時はやるんです(笑)。

――どんなリーダーになりたいですか?

華弓姫:
自分はまだまだ至らないところだらけだなとも思っちゃうこともあるんですけど、これから楽しく、自分なりのリーダーになれたらいいなって思います。

――プロデューサーの橋本さんから言われたことで、印象に残っているものはありますか?

桜井:
手紙をいただいたんですよ。

一ノ瀬:
私は、もともとロングの黒髪でツインテールにしていたんです。“髪を切って明るい色にして、メイクもちょっと変えたら絶対に化ける!”って言ってもらいました。それで、こうなりました(笑)。

輪廻:
可愛い! 似合ってるよね。

一ノ瀬:
メンバーのみんなもそう言ってくれるし、配信の視聴者さんにも“絶対に今の方が可愛い”って言ってもらえて。アドバイスがなかったら、絶対にこんな髪にしないので、よかったなと(笑)。

――みなさんも一ノ瀬さんのように、手紙には具体的なアドバイスが書いてあったんですか?

天:
私は、歌が好きなんですけど、“歌が上手だね”って言われるよりも、“独特”とか“個性的”とか“魅力的”って言われるようになりたいと思ってて。からあげさんからの手紙に、まさに“てんるの歌声は魅力的だから、自信を持ってほしい”って書いてありました。自分に自信がない部分もあったので、その言葉は私にジャストフィットでした。ズキュンと来ました(笑)。すごく嬉しかったです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル