top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

巨人・亀井義行が、王貞治氏に並ぶシーズン3本目のサヨナラ本塁打(2009年8月8日)

週刊ベースボールONLINE


これは翌9日の試合。今度は決勝2ランでまたもヒーローに

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は8月8日だ。

 今回、振り返るのは巨人の現役名バイプレーヤーの名場面だ。

 いつの間にかホームランが16本になっていた。小笠原道大には及ばないが、四番のラミレスよりも、30発以上を2度マークしている阿部慎之助よりも多いのである。亀井義行の急激なロングヒッターへの変貌は驚くばかりだ。

 その中身がまたすごい。16本中3本がサヨナラホームラン。前年までセ・リーグの打者で、1シーズン3本以上のサヨナラ本塁打を放っているのは7人。その中には王貞治(70年、3本)の名もある。王は巨人入団12年目のことだったが、亀井は5年目の達成。しかも、規定打席数に1度も達したことのない打者だ。

「(王氏に)名前を並べたらいかんでしょう」

 照れるというより恐縮しきりの亀井だったが、16号、つまり、8月8日の対ヤクルト戦(東京ドーム)の延長10回裏、先頭打者で押本から打った今季3本目のサヨナラ本塁打(2対1)を見れば、「これは本物だ」と納得させられた。

 2球目の外角フォーク。タイミングをはずされず、うまくすくう打者はいるだろう。しかし、この打球をバックスクリーンまで運べる打者はめったにいない。まさに王並みの当たりだった。
「こんないいところで打てて……。ちょっと怖いくらい」と亀井。
それも実感だろう。

 2本目のサヨナラ本塁打を放った4日の対広島戦(旭川)を思い出そう。
 9回裏一死二塁で永川勝浩から起死回生の同点本塁打で試合を振り出しに戻し、延長11回裏一死一塁で今度はサヨナラ2ラン(6対4)。亀井は巨人史上初の9回同点、延長でサヨナラの2本塁打を放った打者となった。

 さらに4月25日の対中日戦(東京ドーム)では9回裏無死一、二塁で、あの岩瀬仁紀から代打逆転サヨナラ3ラン(5対4)。
 
 まさに恐怖の五番打者だった。

TOPICS

ランキング

ジャンル