top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

白鳥のヒナが生まれて間もなく、母鳥が天国へ すると残された父鳥が…

grape [グレイプ]

2021年5月、アメリカのマサチューセッツ州ボストンにある公園内の池で、野生の白鳥のヒナが誕生しました。

公園関係者のエマ・フィーニーさんによると、4月頃に白鳥のつがいが巣を作っていて、その後にメスの白鳥が卵を温めている様子が見られたのだそう。

人々はヒナがかえるのを今か今かと待ちわびながら、白鳥のカップルをそっと見守っていたのです。

こうして誕生したヒナたちは一躍、公園の人気者に。

かわいらしいヒナたちをひと目見ようと、多くの人たちが公園にやってくるようになりました。

母鳥が突然天国へ。すると父鳥は…

しかし悲劇は突然訪れます。ヒナが誕生してからわずか1週間後に、母鳥が死んでしまったのです。

ウェブメディア『The Dodo』によると、白鳥のつがいはヒナが生まれると協力して子育てをするのだそう。

特に最初の数週間は交代でエサを与え、ヒナを守って温め続けるといいます。

公園の関係者たちは、一緒に子育てをするはずの母鳥がいなくなった後の父鳥のことを、とても心配していました。

その数日後、公園を訪れていた写真家のマシュー・レイフマンさんは、目の前に飛び込んできた光景に思わずシャッターを切ります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル