top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

病気の愛犬を助けたい 8歳の少年のある『行動』で世界中から寄付が集まる

grape [グレイプ]

人間と同じように動物も病気になることがあります。しかし経済的な理由で、ペットの治療費を払えない飼い主もいるといいます。

アメリカのヴァージニア州に住む8歳のブライソンくんの愛犬であるブルースが、犬パルボウイルス感染症にかかってしまいました。

犬パルボウイルス感染症は、免疫のない子犬がかかると致死率が高く、犬にとって危険な感染症といわれます。

診察の結果、治療には最低でも800ドルがかかることが分かりました。

しかし、ブライソンくん一家はその治療費を工面することができなかったのです。

Posted by Kimberly Woodruff on Tuesday, May 4, 2021

愛犬を助けたい!少年がとった行動は…

広告の後にも続きます

ブライソンくんは、ブルースのことをなんとかして助けたいと思いました。

そこで彼は大切にしているポケモンカードを売って、ブルースの治療費を自分で稼ぐことにしたのです。

自宅の前庭に『ポケモンカード売ります』という看板を立てて、大事なコレクションを売り始めたブライソンくん。

そんな息子の思いを知った母親は心を痛め、寄付金サイトで協力を募ることにしました。

目標金額はブルースの治療費と同額の800ドル(約8万7千円)に設定。すると続々と寄付が集まり、1万3千ドル(約141万円)を超えるお金が寄せられたのです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル