top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

蒙古タンメン中本、開発に半年かかった「特製弁当」 ガチ感が伝わる迫力

ニュースサイトしらべぇ

東京都板橋区発祥の人気ラーメン店「蒙古タンメン中本」。激辛好きを魅了する同店が、6月1日からテイクアウト限定で特製弁当を販売している。


画像をもっと見る■とにかく焼豚がスゴい

その名も『蒙古タンメン中本特製弁当』(1,290円)。公式サイトによれば、発案から約半年ほどかけて「誰もが唸るうまさ」の弁当ができあがったという。テイクアウトのみでデリバリーは未定、1店舗20食限定販売だ。

販売しているラーメンの大半が1,000円以下で、テイクアウト弁当も550円ということを考えると、1,290円という価格はかなり強気で本気度がうかがえるが、はたしてその中身は…。

まず目につくのが、4枚入っている「絶品焼豚」。その他には、味玉とナムル、辛子麻婆をかけたエビワンタンと、非常に豪華なおかずが並ぶ。「中本=激辛」をイメージしている人にとっては意外な内容に見えるかもしれない。

見よ、この焼豚の分厚さ。タレと絡んで相性は抜群、食感は柔らかく、間違いなくこの弁当の主役だ。この焼豚で白米がとにかくすすむ。


広告の後にも続きます

関連記事:蒙古タンメン中本・蒙古トマタン セブン&アイグループ店で限定発売

■辛子麻婆は絶品!
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル