top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ふかわりょう、不動産選びの重要点を力説 「日当たりは精神に影響する」

ニュースサイトしらべぇ

8日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、ふかわりょうが不動産選びについて持論を展開。その内容に賛同が集まっている。


■一人暮らしについて議論

関東で一人暮らしをする20代の4割が「6~7万円の部屋に住んでいる」というニュースから、出演者の「初めて一人で住んだ部屋」を話し合った『バラいろダンディ』。

大島由香里は「大井町のマンションに住んで、6畳1Kで、6万7000円でした」「日当たりが悪くてカビ臭かったけど、なんか好きでした」と話した。


関連記事:ふかわりょう、『バラいろダンディ』でSNSに持論 「mixiが一番楽しかった」

■ふかわが日当たりを重要視

話を聞いたふかわは「日当たりで思い出したんですけど、私、結構日当たり気にするんですよね、1番じゃないけど、優先順位が高めなんです。でも気にされない方もいるじゃないですか」と話す。

広告の後にも続きます

ダイアナ・エクストラバガンザは、「今住んでる部屋が角部屋で、掃き出し窓で、めっちゃ日が差すんですよ。でもね昼間寝なきゃいけないでしょ、私たち。困るのよ」と特有の悩みを告白する。

金子恵美も「あまりに気にしないですね」とコメント。また、大島は「日当たりが良すぎると、家具が焼けちゃったりしません?」と気にしていないようだった。

■その理由は…

四面楚歌のふかわは「日当たりにね、精神が影響しちゃうというか。薄暗くなると、気持ちもどんよりしちゃう」「気分が左右されちゃう」と持論を展開。

大島が「あらら、大丈夫ですか? 夜のお仕事」と話すと、「たぶんね、大丈夫じゃない」と返す。日当たりを気にしないと話した金子は「言いたいのはわかります。そうですよね」と理解を示す。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル