top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ゲームに合わせて画面が回転! タイトーのアーケードゲームが詰まったミニ筐体『EGRETⅡ mini』2022年発売へ

ガジェット通信

タイトーのアーケードゲームが詰まったミニ筐体『EGRETⅡ mini(イーグレットツー ミニ)』の発売が決定した。発売日は2022年3月2日(水)。既に予約はスタートしている。

ゲームに合わせて画面が回転!『EGRETⅡ mini』

https://youtu.be/UItWWp2Gdhc

『EGRETⅡ mini』は1996年に登場したアーケード筐体を卓上サイズで再現したゲームガジェット。本体のみで内蔵ゲームをプレイできるほか、HDMI端子で映像をテレビに出力可能。また、別売りコントローラーを接続してのプレイも行える。

既に同様のミニアーケード筐体もリリースされている中、同ガジェット最大の特徴となっているの画面の回転。アーケードの縦スクロールシューティングは多くが縦画面、それ以外のゲームは多くが横画面でリリースされていた。『EGRETⅡ mini』は画面回転機能によって、こうしたゲームごとの画面の違いに対応できる。

また、画面だけでなくレバーも8方向と4方向をゲームごとに切り替えることができる。ゲームのみならず、画面や操作系といった環境面まで、当時の思い出に浸ることができるというわけだ。

広告の後にも続きます

さらに、パドルゲームやトラックボールゲームがプレイ可能な専用コントローラーの発売が予定されているほか、今後もSDカードによる追加タイトルの発売を予定。かなり力の入った仕様となっている。

1978年~1990年代のタイトーゲーム40タイトルを収録

本体に収録されるタイトルは、タイトーが1978年~1990年代に発売した40タイトル。さらに、別売りの拡張セットではさらに10タイトルを遊ぶことができる。本体収録タイトルで現在判明しているのは次の10タイトルだ。

・スペースインベーダー(1978年)
・ルナレスキュー(1979年)
・クイックス(1981年)
・エレベーターアクション(1983年)
・チャックンポップ(1983年)
・バブルボブル(1986年)
・ラスタンサーガ(1987年)
・レインボーアイランドEXTRA(1988年)
・ニュージーランドストーリー(1988年)
・ドンドコドン(1989年)
・バイオレンスファイト(1989年)
・カダッシュ(1989年)
・ミズバク大冒険(1990年)
・メタルブラック(1991年)
・カイザーナックル(1994年)

拡張セットに収録されるタイトルで現在判明しているのは次の6タイトル。

・ストライクボウリング(1982年)
・アルカノイド(1986年)
・プランプポップ(1987年)
・サイバリオン(1988年)
・キャメルトライ(1989年)
・アルカノイドリターンズ(1997年)

『EGRETⅡ mini』概要

『EGRETⅡ mini』本体の価格は1万8678円(税込み)。本体のみでの購入も可能だが、特典の付いた2種類の初回限定セットが発売される。『イーグレットツー ミニ フルパッケージ 豪華特装版』は、本体のほかに『ミニ専用パドル&トラックボールゲーム拡張セット』、『イーグレットツー ミニ専用コントロールパネル(2Pカラー)』、『イーグレットツー ミニ専用コントロールパッド』、『インストラクションカード ミニ(50タイトル)』、『TAITO70周年/ZUNTATA35周年記念サウンドトラックCD(CD3~4枚組)』、『50タイトル全掲載DX攻略本(全160ページ・株式会社KADOKAWA Game Linkage特別編集)』がついて4万9478円(税込み)。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル