top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

あなたの「プライベートな時間」は何円? 「セイコー時間白書」でわかる、コロナが生んだ新しい価値

Jタウンネット

新型コロナウイルスが人びとから奪ったものは計り知れないが、同時に、それによってもたらされたものもある。

通勤時間や会社での飲み会などの時間が減少。かわりに、趣味に費やす時間が増えた。そして、今後もその時間を維持したいと考える人が多いようなのだ。

セイコーホールディングスは、6月10日「時の記念日」にちなみ、「セイコー時間白書2021」を2021年6月8日に発表した。17年から実施している、生活者の時間についての意識や実態を探る調査だ。

21年は、コロナ禍によって多様化した「時間の使い方」を様々な質問から掘り下げた。

調査期間は21年4月28日~5月10日。対象は全国の10代~60代の男女1200人(各年代男女100人ずつ、10代は15歳以上)。

広告の後にも続きます

見えてきたのは、コロナ禍だからこそ生まれた「新しい時間の価値」だ。

自分の裁量で使える時間が増加

調査で「コロナ禍で増えてよかった時間」、「コロナ禍で減ってよかった時間」、また増えてよかった時間の中で「今後も維持したい時間」を聞いたところ、「増えて良かった時間」「維持したい時間」両方の項目で、「趣味の時間」が第1位、「家族とのコミュニケーション時間」が第2位という結果に。

一方、「減って良かった時間」としては「会社の飲み会・食事会の時間」が1位に君臨した。2位は「通勤時間」、3位は「会社以外の飲み会・食事会の時間」と、続く。

「コロナ禍だからこそ経験できた幸せな時間の使い方」として、こんな声もあがった。

「早く帰れるようになって出来た時間で、家族と一緒に夕食のだんらん時間が増えた(熊本県 37歳男性)」
「料理にチャレンジするようになり、料理ってなかなか面白いぞと思うようになった(東京都 59歳男性)」
「今まで仕事をしすぎていたことに気づかされ、職場を選ぶ、働き方を選ぶ、という選択肢をとれるようになった(新潟県 35歳女性)」

幸か不幸か、コロナ禍によって自分の裁量で使い方を決められる時間が増えた。

その結果、それぞれが自分のペースに合った豊かな時間の使い方に気づき、実践するようになったようだ。

プライベートな時間の価値が過去最高に

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル