top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

プロレスラー・ジャイアント馬場“折り目正しい雀風の紳士”~灘麻太郎『昭和麻雀群像伝』

週刊実話WEB

灘麻太郎『昭和麻雀群像伝』 (C)週刊実話Web

高校在学中のジャイアント馬場(本名は馬場正平)は、野球とともに卓球の名選手として鳴らした。晩年こそリング上で鈍重な動きを見せていたが、10代の馬場少年は眼光鋭く、動作も機敏であった。

【関連】コメディアン・谷啓“対局中に生まれた「ガチョーン」”~灘麻太郎『昭和麻雀群像伝』 ほか

馬場の存在は地元のスポーツ界に広く知れ渡り、中でも日本相撲協会が勧誘に積極的だった。破格の条件を提示して熱心に角界入りを勧めたが、馬場が選択したのはプロ野球のユニホームに袖を通すこと。それも、幼少のころから憧れていた読売巨人軍のピッチャーとしてであった。

年齢的には長嶋茂雄や村山実と同世代だったが、故障がちで多摩川の二軍生活が続く。巨人軍から自由契約を言い渡されても一軍マウンドへの夢を捨て切れず、大洋ホエールズ(現在の横浜DeNAベイスターズ)のテスト生としてキャンプに参加。起死回生を期したものの風呂場で転倒し、利き腕に大けがを負ったことで野球選手の道を断念する。

以前に馬場が、私と麻雀をする前にこんな話をしたことがある。

広告の後にも続きます

「レスラーをやる前、麻雀で食べていた時期があるんだ。蒲田(東京都大田区)の雀荘を打ち歩いてね」

1960年4月11日、馬場は巨人時代に面識があった力道山に日本プロレスへの入門を直訴、ヒンズースクワット(プロレス流の下半身トレーニング)100回を命じられるが難なくこなし、その場で入門が決まった。

馬場の生涯のライバルで、力道山がブラジル遠征でスカウトしてきたアントニオ猪木も、同日にプロレス入り。プロ野球界では前年に王貞治が巨人軍に入団しており、これでプロレス界もONに匹敵する強力な2本柱が誕生した。

力道山がうらやむほどの成功

当時、馬場は22歳。力道山から容赦のない猛練習を課せられたが、その巨体に懸ける期待は大きく、早くも61年には全米武者修行を命じられた。アメリカでの馬場は各地でメインイベンターとして活躍し、主要な世界タイトルに次々と挑戦。力道山がうらやむほどの成功を収めた。

63年3月に凱旋帰国した馬場は、従来の日本人レスラーには見られないスケールの大きなアメリカン・スタイルでファンを魅了し、強豪外国人レスラーと名勝負を演じた。

同年10月に再びアメリカ遠征に向かったが、わずか2カ月後に力道山が死去したため急きょ帰国。その際、グレート東郷から「力道山死後の日プロの先行きが怪しい。高額の年俸を保証するからとどまれ」と求められたが、馬場は「金銭の問題ではない」ときっちり断ったという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル