犬の視力は犬種によって違う?
犬の視力は犬種によって違う?
犬は視力が弱いと聞いたことはありませんか?一緒に生活している愛犬の視力がどのくらいのものなのか、気になりますよね。今回は犬の視力についてご紹介していきたいと思います。

犬種によって視力の違いはあるの?

結果からお伝えすると、犬種によって視力の違いはほとんどありません。ほとんどの犬は遠くのものがぼやけて見える「近視」であるため、その近視の出方が犬種によって少し違う程度です。

ジャーマンシェパードやロットワイヤーなどが近視傾向が強く、グレーハウンドは遠視傾向が強いと言われています。よって、犬種によって視力がの違いあるかと聞かれたら、答えはNOに近いといえます。

ただ、私の愛犬は近視や遠視かもしれないと不安になる飼い主さんもいるかもしれませんが、良好な健康状態であれば、日常生活は何ら問題なく過ごすことができます。

犬はあまり視力が良くない分、優れた動体視力と広い視野を持っており、視力の弱さをカバーしているのです。こうして考えると野生の中で生き抜いてきたたくましさを感じますね。

犬の視力はどのくらいあるの?

犬種によって視力の差はほとんどないということがわかりましたが、実際に犬の視力はどの程度あるのでしょうか。これは、人間で例えると約0.2~0.3だと言われています。

0.2~0.3ほどの視力の場合、遠いところにある対象物はボヤけて見えており人物などの輪郭もあまりしっかりと認識できないようです。こう聞くと、飼い主である自分の顔も認識できていないのかと不安になりますよね。しかし、きちんと信頼関係を築いている状態であれば犬は飼い主さんに忠実な態度を取ります。

これは、顔だけでなく飼い主さんの声やニオイなど様々なところから、ご主人だと認識しているということです。遠いところから呼ぶと嬉しそうに走ってくるのは、ちゃんと飼い主さんだとわかっている証拠ですね。

犬は暗い場所でもへっちゃら?

視力が弱いということは暗闇にも弱いのかと疑問に思いますが、実はそんなことはありません。

犬には暗闇の中でも的確に対象物を捉える力が備わっており、高い動体視力や広い視野を使って瞬時に動く物体を認識することができるのです。私たち人間は、暗闇の中で目をあけると慣れるまでに時間がかかりますよね。

さらに慣れていても、暗闇の中で動く物体を瞬時に捉えることは難しいはずです。そう思うと、犬と人間の目には大きな違いがあることがわかります。

この違いというのが「タぺタム層」と呼ばれている鏡のような層にあり、犬の目にはこのタペタム層がありますが、人間の目にはありません。

この層がわずかな光を反射して神経に伝えているため、光の少ない暗闇の中でも、驚きの認識力を発揮できるのです。

ただし、上記でお伝えしたタペタム層は良いことばかりではありません。タペタム層の働きは光を拡散してしまうので、明るいところでは人間より視力が低い、ぼやけて見えるといった視力の弱い原因でもあると言われているのです。

犬は人間とは違う色の世界が見えている

犬の視力やその特性についてご紹介してきましたが、人間が見ている世界と犬が見ている世界が異なっていることはご存知ですか?

それは”色”です。

犬の網膜には色を認識する力がほとんどないといわれており、紫色・青色・黄色の3色、この色の中間色しか認識できません。

前は犬が見ている世界は白黒だと言われていましたが、研究を重ねることでこれだけの色が認識できていることがわかりました。少しの色でも見えていると思うと嬉しいですよね。

愛犬に与えるおもちゃも上記の色を参考にして選んであげることで、認識しやすく遊びや運動もよりスムーズにできるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?犬種による視力の違いはほとんどないことがわかりましたが、人間と犬の視力の違いや目の構造の違いがいくつかありましたね。

犬の視力の特性を知ることは、遊び方を考え直したりと愛犬との生活をする上で大切なことだと思います。

(更新日:2018年8月7日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME