top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

映画『湖底の空』阿部力&佐藤智也監督インタビュー 日中韓合作で「生と死」の境界線を描く

cinefil

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020において審査員の満場一致でグランプリに選出され、シネガーアワードと合わせてW受賞となった映画『湖底の空』が6月12日より新宿K’s cinemaほかにて公開される。
本作は一卵性双生児の双子を主軸に、国境を超えて大切な人を思慕する気持ちが描かれる、ファンタスティックムービー。
韓国・中国・日本にまたがるロケを敢行し、国際色豊かなキャスト・スタッフが集結した。

今回は韓国インディーズ映画界のミューズ、イ・テギョンと共に主演を務める阿部力、そして佐藤智也監督に、ヴィヴィアン佐藤(ドラァググイーン・アーティスト)が、インタビューを行った。

◼︎「生と死の境界線」を描く

──昨年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭でのグランプリ受賞、おめでとうございます。とてもよく練られた、無駄がない完璧な構造の脚本だと感じました。時間を掛けられて脚本を書かれたとのことですが?

佐藤智也監督(以下佐藤):そうですね。最初に双子の話を描こうと思ったのは10年以上前です。その間に4~5パターンくらい双子の話をつくったのですが、他の映画と似通ってみえるものもありまして。
なるべくオリジナルな形に寄せようと思い、この脚本にたどり着きました。

──日本・中国・韓国の合作ということですが、どのような経緯で撮影することになったのですか?

広告の後にも続きます

佐藤:2001年に短編『L’Ilya〜イリヤ〜』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭で賞を頂いたのですが、その際の審査員だったプチョン国際ファンタスティック映画祭のプログラマーの方に評価されてプチョン市まで呼んで頂いたんです。それがきっかけで知り合いになった韓国映画界のスタッフがロケに参加しています。

◎2019MAREHITO PRODUCTION

──過去作も拝見したのですが、実在していても実在しない、幽霊やゾンビのような存在が多く登場しますね。本作でもある理由から意識が戻らない、言ってしまえば存在していないような状態の人物が出てきます。

佐藤:「生と死の境界線」のようなことに興味を惹かれるんです。
生きている側からは死んだ後のことは想像がつかないですよね。ある一線を超えてしまうのか、その一線を行ったり来たりするのか。そういったことに惹かれますね。
また映画の表現の一番の強みは、人間が幽霊やゾンビ、アンドロイドのような人間以外のものを演じることができるという点だと思うんです。
そんな人間以外のものに比べて、じゃあ人間はどうなの?と問題が返ってくるようなスタイルをずっと追求しています。

──パンフレットに寄稿したレビューでも触れたのですが、東日本大震災の後に話題になった沿岸部での幽霊の目撃談を思い出しました。
地元の大学で研究されて、卒業論文で取り上げられたりしているのですが、その研究の中に柳田國男が編纂した「遠野物語」の99話※と関連付けたものがあるんです。
幽霊がいるかいないかということよりも、人が会話できないもの、意思が完全には通じないものに対して、存在があることによって、理解できなかったり、整合性が保てなかったりする状況を安定させるような役割があるような気がしています。
※「遠野物語」99話
明治29年の明治三陸津波で亡くなったはずの妻が現れるという伝承が紹介されている

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル