top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

綾瀬はるかブチ切れ!“海外逃亡説”…深田恭子ショックでホリプロ大混乱!?

週刊実話WEB

ブチ切れ! (C)週刊実話Web 

「適応障害」と診断され、先月末に休業を発表した女優の深田恭子に続き、綾瀬はるかも所属事務所・ホリプロの〝ブラック企業体質〟によって追い込まれているという。

【関連】深田恭子の休業で綾瀬はるかがホリプロのチーフマネジャーに激怒! ほか

「深田、綾瀬はるか、石原さとみの看板女優3人は、いずれも同じチーフマネジャーが担当している。このご時世にもかかわらず、ホリプロは3人の結婚に消極的で、以前から懸案事項になっていたようです。要領のいい石原は〝強行突破〟したが、深田は馬車馬のように働かされ、体調を崩した」(芸能プロ関係者)

これに、長年、深田を姉のように慕っていた綾瀬がブチ切れているというのだ。

「以前からチーフマネに対して、『(深田を)結婚させてあげたらいいのに』と主張し続けていたようですからね。結局、深田を休業に追い込んでしまった事務所のやり方に、そうとう憤りを感じているようだ」(同・関係者)

韓国人俳優を追いかけ“愛の逃避行”

広告の後にも続きます

綾瀬自身、昨年夏に韓国人俳優のノ・ミヌとの熱愛を報じられるも、交際を否定している。

「交際報道はかなり確度の高いものでしたが、相手が韓国人俳優ということで、ネット上で誹謗中傷もあり、綾瀬のCMクライアントである各企業も困り果てた。そのため、チーフマネが交際をいったんは否定するように指示。綾瀬も仕方なく従っていたのですが、今回の深田の一件で、態度を硬化させているようです」(芸能記者)

今やホリプロの看板女優というより、国民的女優に成長した綾瀬だが、このままではとんでもない行動に出る恐れもある。

「仕事を放り出して、ミヌと結婚するために韓国へ逃避行することも考えられます。最近はあまり聞きませんが、岡田嘉子や岸惠子、高橋惠子など、絶頂期に海外へ駆け落ちした女優も数多くいましたからね。ホリプロが、綾瀬の今後のケアに失敗すれば、こうした最悪の事態も考えられますよ」(同・記者)

昭和の死語〝愛の逃避行〟が、令和に復活か。
綾瀬はるか『コカ・コーラゼロ』CMで疑惑!ブラウスはかなり薄手なのに…
深田恭子の穴を埋める!「産休明け」優香が挑む“禁断の仕事”
熊田曜子のスゴ過ぎ“枕営業”伝説! ただ1人だけ断った大御所芸人の実名

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル