top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

北朝鮮ついに青年学生が蜂起の狼煙!? “女帝”金与正も制御不能…

週刊実話WEB

北朝鮮 “女帝”金与正も制御不能(画像)em_concepts / shutterstock

5月17日、米政府系放送局『自由アジア放送(RFA)』は北朝鮮の首都・平壌の高層ビルやマンション街で、金正恩(朝鮮労働党総書記)体制を批判するビラが大量に散布されたと報じた。

【関連】北朝鮮は「聖書」が禁断の書! キリスト教徒労働収容所行きの実態… ほか

この前代未聞の出来事は〝金王朝〟の世襲独裁体制が、大きく揺らぎ始めた証拠である。

「ビラの内容は痛烈でした。《3代長期独裁政権にわれわれ人民は騙され、アジアの最貧国に落ちている。われわれ人民が総決起して金正恩独裁者を倒すべきだ》と民衆蜂起を呼び掛けており、国家保衛省が非常事態として厳しく取り締まっているようです」(国際ジャーナリスト)

ビラを散布したのは、金日成大学理工学部のエリート学生といわれ、兄の正恩氏に代わって国民の思想統制を強める金与正党宣伝扇動部副部長は、大きなショックを受けているという。

広告の後にも続きます

現在、北朝鮮は経済の落ち込みが激しく、労働党の幹部でさえ配給物資が届かない状況にある。本来なら今ごろ「モネギチョントゥ(田植え戦闘)」の真っただ中だが、コロナ禍の影響で中朝国境に徹底した防疫体制が敷かれ、中国から肥料や農業資材などが入ってこない。そのため、田植えに取りかかれずにいる。

このような経済危機を乗り越えるため、正恩氏は第2の「苦難の行軍」と「自立更生」を打ち出す一方、党幹部だけでなく民衆の不平不満を抑えるために恐怖政治を再開している。しかし、現状はそれに抗する勢力が台頭しているようだ。

1990年代半ばの「苦難の行軍」では、飢饉と経済政策の失敗によって150万人以上の国民が餓死したにもかかわらず、指導者は贅沢三昧の生活を送っていた。これについてはビラでも批判されている。

“世界の非常識”金一族の生活が許せない

「金一族の別荘は『特閣』と呼ばれ、全国に24カ所もの超豪華施設がある。この事実を国民の誰もが知っていますが、口にすれば粛清されるので黙っているだけです。しかし、批判精神が旺盛で国を信用していない青年学生たちは、世界の非常識である金一族の生活が許せないのです」(北朝鮮ウオッチャー)

北朝鮮は、青年層を主体とする団体「金日成・金正日主義青年同盟」(加盟者約500万人)を組織化し、朝鮮労働党の決定を貫徹するための土台と位置づけてきた。しかし、この青年同盟にも、かつてない異変が生じている。

「第10回大会は4月に開かれる予定でしたが、なんの予告もなく延期され、1カ月近く遅れて開催されました。これが異変の1つ目で、2つ目は最高指導者の正恩氏が大会を欠席したこと。そして、最大の異変は団体名から〝建国の父〟金日成主席と先代の金正日総書記の名前を外し、『社会主義愛国青年同盟』に名称変更したことです。神格化されているこの2人の名前を外すことは、これまでなら考えられません」(前出・国際ジャーナリスト)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル