top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

市場に逆風…ホンダ「軽トラ」生産終了の衝撃!~企業経済深層レポート

週刊実話WEB

企業経済深層レポート (C)週刊実話Web

ホンダの軽トラック『アクティ・トラック』が、この4月で生産を終了した。

【関連】「冷凍野菜&カット野菜」売れ行き急増のナゾ!~企業経済深層レポート ほか

1963(昭和38)年8月に『T360』で軽トラ市場に参入したホンダは、これで58年の歴史に幕を下ろすことになる。今や独自モデルを残す軽トラは、ダイハツ『ハイゼットトラック』とスズキ『キャリイ』のみとなってしまった。

「77年7月に発売されたアクティ・トラックは、ダイハツやスズキがFRだったのに対し、エンジンをアンダーフロアに搭載したMRを採用。このため〝農道のフェラーリ〟とも呼ばれ、多少のぬかるみや急斜面を苦にしない抜群の推進力で、多くの人に愛されました」(自動車ライター)

軽トラは「小型でも積載量が多い」「小回りが利く」「販売価格が安い」と三拍子そろい、農業や漁業、林業など第一次産業に不可欠ともいわれてきた。では、ホンダ撤退の背景にいったい何があったのか。

広告の後にも続きます

「ホンダが軽トラの生産をやめた理由は3つあります。まず、利用層の変化で販売台数が激減したこと、次に販売戦略が時代にマッチしなかったこと、そして、規制強化への対応が難しいと判断したことです」(同)

全国軽自動車協会連合会によると、軽トラの販売台数のピークは88年の43万7435台とされており、これが98年には28万6081台、2019年には17万9610台にまで落ち込んでいる。

「ホンダのアクティ・トラック最終型は、10年に約3万4500台を販売しました。同年のライバル車の売れ行きは、ダイハツのハイゼットトラックが約6万5000台、スズキのキャリイが約5万8000台で、この時点で販売格差が生じていました」(同)

独立精神の強いホンダの弱み

そして、13年にキャリイが現行型にフルモデルチェンジされ、14年にはハイゼットトラックも新型になると、さらにアクティ・トラックは失速する。

「20年の軽トラ販売台数は、ハイゼットトラックが約7万8000台、キャリイが約5万6000台、対するアクティ・トラックは約1万5000台と大きく水をあけられました」(同)

しかし、ダイハツとスズキの2強が踏ん張り続ける中で、なぜホンダだけが低迷したのか。そこに関係してくるのが販売戦略の差だという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル