top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

劇場アニメーション声優初挑戦の大谷凜香 「驚き・うれしさ・不安の割合は、4:1:5くらい(笑)」 劇場アニメ『映画大好きポンポさん』

ガジェット通信

モデル、女優として活躍中の大谷凜香さんが、劇場アニメ『映画大好きポンポさん』で劇場アニメーション声優に初挑戦しました。映画を愛する青年と映画に愛された女性が映画制作を通して”自分”を見つけ出す映画愛いっぱいの作品で、大谷さんは新人女優のナタリー役を好演しています。初挑戦のボイスアクトは、不安と喜びが入り混じるものだったそうですが、自身と重ねる合わせることも多かったと言います。ご本人にお話をうかがいました!

■公式サイト:https://pompo-the-cinephile.com/ [リンク]

■ストーリー

敏腕映画プロデューサー・ポンポさんのもとで製作アシスタントをしているジーン。映画に心を奪われた彼は、観た映画をすべて記憶している映画通だ。映画を撮ることにも憧れていたが、自分には無理だと卑屈になる毎日。だが、ポンポさんに15秒CMの制作を任され、映画づくりに没頭する楽しさを知るのだった。ある日、ジーンはポンポさんから次に制作する映画『MEISTER』の脚本を渡される。伝説の俳優の復帰作にして、頭がしびれるほど興奮する内容。大ヒットを確信するが……なんと、監督に指名されたのはCMが評価されたジーンだった! ポンポさんの目利きにかなった新人女優をヒロインに迎え、波瀾万丈の撮影が始まろうとしていた。

広告の後にも続きます

●出演が決まった時、率直にいかがでしたか?

驚き、うれしさ、不安が同時にやってきて、その割合が4:1:5くらい(笑)。なので半分は不安で押しつぶされそうな感じでした。オーディションも自分なりにたくさん準備してのぞんだのですが、あまり手応えはなく、初めて声優のオーディションを受けたので緊張しすぎちゃって、声が緊張でまったく出なくなったんです。なのでスタッフさんたちが思っていたナタリーよりも声が低くなっちゃったんです。なのでやらせていただくことを知った時は、うれしい思いよりも、どうしようという気持ちになりました。

●完成した作品では緊張を感じないほど堂々とされていましたが、いつほどけましたか?

プロのアニメーションの声優さんでもオーディションをされていて、いろいろな方がたくさん受けられているのに、普段声優をやったことがないわたしを選んでいただいて、原作のファンの方の期待を裏切ってしまうかもしれない、上手くできないかもしれないという不安があったのですが、ジーン君の声を担当された清水尋也くんとは以前共演したことがあり、その作品はわたしがデビューしたときの作品だったんです。デビューの頃から知っていた俳優さんだったので、そういうところでちょっと心強いなと思った記憶はありますね。

●改めて完成した作品を観ていかがでしたか?

エネルギッシュで疾走感いっぱいで、90分間があっという間に感じました。映画が完成するまではナタリーを演じることに集中していたので、ほかのキャラクターを客観的な目線で観ていなかったのですが、作品全体を改めて観た時に刺さるものがたくさんありました。映画作りのストーリーだからこそ、業界用語がたくさん出てくることも面白いなと思いました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル