top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

一番好きだったお笑い番組の名物キャラクターランキング

ママテナ

一番好きだったお笑い番組の名物キャラクターランキング(C)ママテナ
お笑い番組では、芸能人が架空のキャラクターを演じることが少なくありません。そこで今回は、これまでに放送されてきたお笑い番組に登場した名物キャラクターの中で、一番好きだったのは誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

1位 バカ殿
2位 ひとみばあさん
3位 変なおじさん
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「バカ殿」!


1986年の放送開始以来、30年以上にわたり愛され続けてきた人気のバラエティー番組『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)。志村けん演じる「バカ殿」は、白塗りの顔に太い眉、大きめのちょんまげが印象的で、破天荒な性格の殿様。同番組は、バカ殿を中心に繰り広げられるテンポのいいコント番組で、桑野信義演じる真面目な家老や、息の合った掛け合いで笑いを誘うダチョウ倶楽部演じる家臣、磯山さやかや葉加瀬マイなどが演じる腰元をはじめとした愉快な仲間たちを巻き込んだドタバタ劇が魅力。分かりやすい面白さで、老若男女問わず人気を集めました。いたずらばかりするけれど憎めない、そんなバカ殿が堂々の1位となりました。

2位は「ひとみばあさん」!


1987年から1993年までレギュラー放送され、以降も単発のスペシャル番組として放送が続いたバラエティー番組『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)。同番組は、志村けん扮するさまざまなキャラクターが、ゲストを巻き込んで大暴れする大人気コント番組です。名物キャラクターの一人である「ひとみばあさん」は、瓶底のように厚い眼鏡に突き出た前髪、シミだらけの容姿が特徴の89歳という高齢の女性。居酒屋の女将やマッサージ師など、毎回異なる職業で登場し、全くかみ合わない会話や持ち前のポンコツぶりで客を翻弄(ほんろう)するのがお約束となっています。強烈な天然ボケではありますが、その天然さが愛らしいと感じる人が多数。2位となりました。



TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル