“ブサイク騒動”をチャンスに!不人気地獄から這い上がったガールズグループ

“ブサイク騒動”をチャンスに!不人気地獄から這い上がったガールズグループ
韓国アイドル界には現在、数え切れないほど次々と新しいグループがデビューしている。だが、その中で脚光を浴びられるのはほんの一握りという非常に狭き世界。それぞれが、名を残すため必死に戦い続けている。そんな中、“不人気地獄”から脱却したグループとは?
そのグループとは、今年の6月に日本デビューをしたばかりの9人組女性アイドルグループ「MOMOLAND」(モモランド)だ。デビューイベントには3,000人以上のファンが詰めかけ、先日の『LINE MUSIC』のランキングでは、韓国で発売した曲『BAMM』が1位になった。この活躍を見ていると、ついこの前まで、韓国で名も知られていなかったグループとは思えない。

彼女達の転機を作ったのは、明るいキャラクターのメンバー「ジュイ」。ジュイが出演した韓国のスパークリング飲料CM、それが人気の引き金となった。CMでジュイは印象に残るダンスを激しく踊っており、そんな彼女の姿が視聴者の目を引いたのだ。

顔を知られ始めたジュイが次に注目を集めたのは、自身がSNSで公開した自撮り写真。その写真が「実物と違いすぎる」とあっという間に話題になり、検索ワードで「ジュイ」と入力すると、関連ワードに「ブサイク」が出てくるようになってしまった…。しかし、これがグループの運命を変えたのだ。

その後ジュイはこの騒動を気にかけることなく、飾らない姿でバラエティに引っ張りだことなった。出演するバラエティでのトークはまさに赤裸々。

「高校1年生の時に鼻の整形をしたが、あまり(違いが)分からなくて、詐欺にあったみたいだ。マスカラをするときも、他の人は鼻が高くてマスカラが鼻についてしまうことがあるけど、私は鼻が低すぎてそんなことは絶対にない」など、“ブサイク”を笑いに変えたトークでさらに知名度を上げた。

さらに、「整形前の方が自分は可愛かった」と暴露し、“デビュー前の方が可愛い芸能人”と自称するように。

一見不名誉な騒動を、チャンスに変えたジュイ。他のメンバーとの人気の差を一気に広げ、現在はセンターを担当しており、「MOMOLAND」の顔として人気を一身に集めている。彼女が今後グループをどう牽引していくのか、これからの更なる活躍に注目だ。
更新日:2018年8月7日
提供元:韓流大好き!

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(芸能)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME