top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

金ロー『ボヘミアン・ラプソディ』のED曲カットにやっぱり批判「発狂した」

まいじつ

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

6月4日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)は、〝35周年〟を記念して2018年に社会現象を巻き起こした大人気映画『ボヘミアン・ラプソディ』を〝本編ノーカット〟で放送。しかし今回も、「金曜ロードショー」お馴染みの〝ある批判〟が視聴者の間で巻き起こっている。

【関連】『金曜ロードショー』細田守の最新作を“黒歴史”に認定?「ゴミ扱いで草」 ほか

同作は、伝説的ロックバンド『Queen』のフレディ・マーキュリーの半生を描いたヒューマンドラマだ。作品は彼らの名曲で彩られ、スーパースターと呼ばれたフレディの〝光と影〟をリアルに描写。また彼らの〝伝説的なライブ〟を忠実に再現したことで、多くのファンを魅了した。

そんな人気作品ということもあってか、エンドロールで流れる名曲『Don’t Stop Me Now』はフルで放送。しかし、エンドロールの2曲目『The Show Must Go On』はバッサリとカットされていたのだ。

45分拡大だったにも関わらず…

「『ボヘミアン・ラプソディ』のエンディングは彼らの楽曲が〝2曲〟流れる作りで、最後まで世界観を堪能できるのが魅力の一つです。ファンも『Don’t Stop Me Now』から『The Show Must Go On』に続くエンディングを、さぞかし楽しみにしていたことでしょう。とはいえ『金曜ロードショー』は、普段であれば問答無用でエンディングをカットするため、一部を流すだけでも〝上出来〟なのかもしれません。そのため放送後には《ED全カットすら余裕でやっちまう金ローが、DSMNを全部流しただけでも評価しちゃうわ》といった声もありました」(映画誌ライター)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル