top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「近所の家から白い煙。変なニオイもしたので消防を呼んだら、なぜか私が責められて…」(大阪府・30代女性)

Jタウンネット

近所の家から煙が上がっていたから消防に通報したのに、余計な騒動を起こすなと責められた――。

今回紹介するのは、大阪府在住の30代女性が体験したご近所トラブルだ。

ある日の夕方、近所からプラスチックが熱で溶けているような異臭を感じた。慌ててベランダに出ると、辺りは真っ白!

すぐ近くの家のベランダから煙があがっているのがわかった。

「火事だ!」と思い慌てて消防に通報したのだが、煙の元の家の住人からは感謝されるどころか……。

「大丈夫って言ったやろ!」と責め立てられ…

広告の後にも続きます

休日の夕方のことです。突然プラスチックのような何かが熱で溶けているような異臭を感じました。

夕飯時なので調理をしていたこともあり、家族全員で自宅の熱源を点検しましたが原因が見当たりません。

当時は風が強く黄砂が酷かったので、窓は全て閉め切っていたのですが、換気のため窓を開けました。

すると、真向かいの家がかすかにしか見えないくらい辺りは白くなっていて、煙の臭いもしたので咄嗟に火事だと思いました。

ベランダから辺りをうかがうと、すぐ近くの家のベランダから白い煙がモクモクと出ているのが見えました。

夫と息子が煙の出ている家へ安否確認に行っている間、私は消防に電話をかけました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル