top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「『好き』の一言から生まれる新しい未来がある。『青葉家のテーブル』は、そういう大切を気づかせてくれている」-松浦弥太郎、山崎ナオコーラら著名人11名よりコメント到着!

cinefil

「フィットする暮らし、つくろう。」をテーマに日々の暮らしに寄り添った様々なコンテンツを発信する「北欧、暮らしの道具店」。2018年4月より「北欧、暮らしの道具店」から配信が始まり600万回以上再生された短編ドラマ「青葉家のテーブル」の長編映画化が決定、6月18日(金)全国公開される。

映画『青葉家のテーブル』は、ドラマ版から引き続き、ドラマ「半沢直樹」、「にじいろカルテ」への出演も話題となり、後期連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」も控えている西田尚美が主人公の青葉春子を演じる。春子の息子・リク役には映画『滑走路』に主要キャストとしても抜擢された寄川歌太、友人のめいこ役には映画『見栄を張る』主演の久保陽香、めいこの恋人ソラオ役に60本以上の映画作品に参加し、現在公開中の深田晃司監督『本気のしるし』にも出演している忍成修吾が続投。映画版には春子の友人であり、食堂 満福の店主・国枝知世役に約5年ぶりの映画出演となる市川実和子、その娘で青葉家に居候をする国枝優子役に新人女優の栗林藍希も出演する。さらにリクの同級生・中田まどか役の鎌田らい樹、大工原ヒロ役の大友一生の続投が決定。映画オリジナルキャストとして、優子と同じ美大予備校に通う与田あかね役にドラマ「神様のカルテ」(TX)の上原実矩、瀬尾雄大役にドラマ日曜劇場「ドラゴン桜」への出演も話題の細田佳央太、美大予備校の講師役に映画『無頼』、『アンダードッグ』の芦川誠、知世が営む満福の従業員・紺介役に現在ブレイク中のお笑いコンビ「蛙亭」のツッコミであり、本作が映画初出演となる中野周平、ヒロの父親であり住職の史郎役にお笑い、俳優、芸術各方面で才能を爆発させている片桐仁ら超個性派な俳優陣が集結。

監督はWEBドラマ版に引き続きサニーデイ・サービスやカネコアヤノのMVを手がけ、昨年の東京国際映画祭にて公式上映された長編監督作品1作目の映画『サマーフィルムにのって』の公開も控える松本壮史監督。いつもの青葉家に2週間限定で居候し “なりたい私”になるために奮闘する優子と、 “なりたかった私”から目を逸らした過去をもう一度見つめるために知世に会いに行く春子を中心に、青葉家と周りの人々の特別なひと夏を描く。ハワイ国際映画祭にてワールドプレミア上映が行われるなど世界からの視線も熱い本作。夏の始まりにふさわしい、大人と若者の青春ムービーが完成した。

松浦弥太郎、山崎ナオコーラ、今日マチ子ら11名から応援コメント到着!!
6月18日(金)には全国の劇場で公開初日限定ムービーを上映!

 日々の暮らしを大切に生きる人たちから支持を集める、ECサイト「北欧、暮らしの道具店」が製作した映画『青葉家のテーブル』。劇中にも美味しそうなお料理や暮らしの道具が登場し、日々の生活が彩り豊かに描かれている。この度、一足先に映画を鑑賞したエッセイスト、小説家、料理家、モデルなど著名人11名からコメントが寄せられた。「暮らしの手帖」の前編集長であり、個人でも数々の暮らしにまつわるエッセイを執筆し丁寧な暮らしを体現する松浦弥太郎は温かさ溢れる言葉で映画『青葉家のテーブル』を絶賛。「『好き』の一言から生まれる新しい未来がある。『青葉家のテーブル』は、そういう大切を気づかせてくれている。」とコメントを寄せている。独特な世界観で綴られる小説のみならず、自身の暮らしにまつわるエッセイにも定評のある山崎ナオコーラは本作を「よく行くお店みたいな映画だ。」と比喩しながらストーリになぞらえてかつての友情に想いを馳せている。映画『千と千尋の神隠し』、『ハウルの動く城』でプロデューサー補、『ゲド戦記』で制作を担当したスタジオジブリ・プロデューサーの石井朋彦「好きな人、好きなものと一緒に生きていきたい。そんな夢がかなうような気持ちになる映画でした。」とコメントが寄せられ、『青葉家のテーブル』に生きる人々に心を動かされた様子が伺える。その他、漫画家の今日マチ子さんやモデルのはなさん、シンガーソングライターのYeYeさんらバラエティ豊かな人々からコメントが到着した。

6月18日(金)には公開を記念して全国の映画館で公開初日限定ムービーの上映が決定! 西田尚美さんと市川実和子さんがお客さんにお礼を伝える為、全国のスクリーンに駆けつける。

広告の後にも続きます

© 2021 Kurashicom Inc.

観たら明日の暮らしがほんの少し楽しくなる、映画『青葉家のテーブル』をお見逃しなく!!

コメント一覧(順不同/敬称略)

■松浦弥太郎(エッセイスト)
花や草木、夜空の星や月のような美しさばかりではなく、野菜を切ったり、洗濯をしたり、雑巾がけや、いつも歩く道とか、あるいは小石でも、目に映るものや手に触れるもの、そして自分や家族や友だち、悲しみ、怒り、不安、そうしたものすべても好きになれば、好きになったそのものは、必ず自分に話しかけてくる日が訪れる。「好き」の一言から生まれる新しい未来がある。『青葉家のテーブル』は、そういう大切を気づかせてくれている。

■山崎ナオコーラ(小説家)
よく行くお店みたいな映画だ。目的なんてなく、探し物もなく、友だちとの関係にちょっとヒリヒリしながら、純粋に時間を楽しむ。いつまでも観ていたい。目標はあってもなくてもいいんだなあ。
居心地良く観ながら、ちょっとした痛みも感じる。多くの人に一人や二人はいる、「若気の至りで縁を切ってしまった友だち」を思い出す。今からでも、あの友情に、できることがあるのかな。

■今日マチ子(漫画家)
作ることに憧れる高校生と、大人になった高校生と。何かを作り続けることはハードだけど、だれかと食卓を囲むとき、そんな闘いから一旦離れることができる。友達を呼んでご飯を作りたくなった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル