top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

70歳の新米夫婦!?「セブンティ」シリーズがドラマ化!

ホンシェルジュ

江月夫婦は70歳を目前にした老夫婦。子供がおらず、さすがにもうこの年になって諦めていましたが、ある日、なんと妻が妊娠します。

出産にあたっての2人の苦労、やっと授かった1人娘の尊さを描いたのが『セブンティウイザン』。今回ご紹介する『セブンティドリームズ』は、その続編です。孫ほども離れた娘の成長と、着実に迫る江月夫婦の老い。月日の流れが老夫婦に夢と希望、そして死への恐れをもたらす様子にさらに迫っています。

本作は2020年4月に小日向文世と竹下景子実写ドラマ化。ここではそんな注目作の魅力をご紹介いたします。

『セブンティドリームズ』が面白い!まずは前作『ウイザン』をご紹介【あらすじ】

 

今回ご紹介するのは『セブンティドリームズ』ですが、まずは前作、『セブンティウイザン』について簡単にご紹介しましょう。

65歳で定年退職し、妻と2人で第2の人生を歩み始めようとしたその日、江月朝一(えづきあさいち)は妻の夕子から妊娠3ヶ月を告げられました。夕子の年齢はもうすぐ70歳。朝一は前代未聞の高齢出産に葛藤しますが、夕子の強い熱意に押され、初出産と初育児を受け入れます。

江月夫婦がこれまで望んでも授からなかった我が子。「みらい」と名づけられた女の子との新生活は、人生も後半に差し掛かった2人にとって初めてだらけでした。

父親と母親の覚悟の差、出産の準備、出産後の子供の世話……。子どもがいる家庭では当たり前で、老夫婦にとっては当たり前ではなかった数々の経験。彼らの目を通した育児は新鮮な驚きに満ちており、人生は一瞬一瞬が特別なのだと再認識させられます。

広告の後にも続きます

「ウイザン」ではみらいが保育園を卒業するまでの様子が描かれます。詳細は以下の記事からご覧ください。

『セブンティウイザン』70歳の妻が妊娠!?老夫婦の高齢出産漫画がすごい!

当記事では、その続編の『セブンティドリームズ』について紹介していきます。続編では、新しい幼稚園に通い始めるみらいの成長と、さらに自らの老いと向き合う夫婦の日々が描かれています。

また、『セブンティウイザン』は2020年4月にNHK BSプレミアムで実写ドラマ版が放送されています。

小日向文世&竹下景子『70才、初めて産みますセブンティウイザン。』

 

著者タイム 涼介 出版日2017-02-09

登場人物を紹介

出典:『セブンティウイザン』1巻
  • 1
  • 2

TOPICS