top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

長州力「何がやりたいんだ、コラ!」~一度は使ってみたい“プロレスの言霊”

週刊実話WEB

長州力“プロレスの言霊” (C)週刊実話Web

今もファンの間で話題になることがある長州力と橋本真也の通称「タココラ問答」。当時、長州と橋本はそれぞれの団体を率いていたが、珍妙なやり取りの背景には「新日本プロレス時代からの因縁が再燃した」という事情があった。

【関連】長州力「彼からベルトを奪えるレスラーがいるとすれば、それは俺だけだ」~一度は使ってみたい“プロレスの言霊” ほか

プロレス界においてはさまざまな因縁が流布している。そんな中でも「ガチの不仲」とされていたのが、長州力と橋本真也の関係だ。

2003年11月18日、プロレスリングZERO-ONE時代の橋本が記者会見を開いていた際、突然、長州が現れて「何がやりたいんだ、コラ!」と突っかかり、この時に両者とも「ナニコラ!」「タココラ!」を連発して罵り合ったことから通称「タココラ問答」または「コラコラ問答」などとも呼ばれる一件。

その数日前からスポーツ紙の紙面を通して、互いに批判の応酬を繰り広げ、これに業を煮やした長州が乗り込んできたもので、何も具体的な言葉のないままにド迫力で怒鳴り合う不条理さから〝おもしろ場面〟としてパロディーにされていたりもする。

広告の後にも続きます

ただ、それ以前から長州と橋本は、折に触れていがみあっていた。2人の不仲のきっかけといわれるのが、長州による「橋本への制裁事件」だ。

長州がジャパンプロレス勢とともに新日本プロレスへ復帰したときのこと。それまで団体を支えてきた人間よりも、出戻り組が良い扱いを受けることに橋本は激怒。ヒロ斎藤と試合中に激しい蹴りを加え、ヒロはこれを防御する際に手の小指を骨折してしまった。

すると、これに怒った長州とマサ斎藤が、控室で橋本にリンチさながらの制裁を加え、殴られて顔を腫らした橋本の様子は当時の専門誌にも取り上げられている。

「査定」で揉める現場監督と選手

ただし、これはヒロを負傷させた橋本に非があること。長州もやり過ぎの面はあったかもしれないが、そこは橋本も割り切っていたのではないか。

むしろ橋本が不満を感じたとすれば、その後に現場監督となった長州が、直弟子の佐々木健介を重用したことだろう。

また、小川直也との不穏マッチの際、小川の後見人であるアントニオ猪木のペースで物事が進み、長州が明確な態度を示さなかったことにも、橋本は不満を募らせていたに違いない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル