top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

打撃不振で二軍降格 出塁率は高い巨人・丸佳浩に「適性がある打順」とは

週刊ベースボールONLINE

「1人リーグ5連覇」を達成



今季は低打率にあえぐ丸だが……

 巨人・丸佳浩が6月5日に登録抹消された。再調整での抹消は広島時代の2012年9月3日以来9年ぶりだ。

 今季は開幕して間もなく、新型コロナウイルス感染が判明して戦線離脱。4月23日に復帰すると、28日のヤクルト戦(神宮)で今季初アーチを放つなど5試合連続安打で戦線離脱する前の打率.087から.256まで上昇した。しかし、4月30日の中日戦(東京ドーム)で2併殺を含む4打数無安打に終わり、5月1日の2戦目も2打数2三振。4回から若林晃弘に代わってベンチに下げられた。その後もなかなか上昇気流に切れず、打順は三番から六番に。29日のソフトバンク戦(PayPayドーム)で七番に下がり、3打数無安打に終わると、30日の同戦でスタメン落ちした。早出特打ちに参加するなど復調のきっかけを求めたが、結果が伴わない。40試合出場で打率.227、4本塁打、8打点と打撃不振が続いたため、ファーム降格が決まった。

 丸の強みは常に安定した成績を残すことだった。広島に在籍時は16年からリーグ3連覇に大きく貢献。17年は全143試合に出場し、打率.308、23本塁打、92打点でセ・リーグMVPを受賞。翌18年も打率.306、39本塁打、97打点で2年連続セ・リーグMVPに輝き、最高出塁率(.468)のタイトルを獲得した。18年オフに低迷していた巨人にFA移籍すると2年連続全試合出場でリーグ連覇に貢献。昨季はチーム唯一の全120試合出場で打率.284、27本塁打、77打点ときっちり結果を残した。

 優勝会見を行った原辰徳監督は「実は丸は骨折していたんですね。完全に治りきっていない。しかし私に対してはまったく大丈夫だと。現実はかなりつらかったと思いますね」と明かしている。攻守で能力が高い選手だが、それだけではない。強靭な精神力を持っている丸だからこそ成し遂げられた「1人リーグ5連覇」だった。

 今季は打撃不振で試練に直面している丸だが、打撃で一番こだわっている出塁率は.354と決して低い数字ではない。リードオフマンである梶谷隆幸の打率.305で出塁率.358という数字と比較しても遜色ない。そこで丸の起用法として「一番打者が適任」という案が巨人ファンから多く見られる。丸をよく知るスポーツ紙の遊軍記者はこう分析する。

「丸はシーズントータルで考えればきっちり数字を残しますが、実は好不調が激しいタイプです。特に今年は不調の時期に結果を出そうと焦るあまり、調子をさらに崩している感じがする。首脳陣はファームに降格して一度頭の中を整理したほうが良いと判断したのでしょう。出塁率の高い選手で四球は選べるので一番打者で起用するのは面白いと思います」

球界屈指の選球眼


 丸の選球眼は球界屈指だ。14年の100四球、15年の94四球はいずれもリーグトップ。18年には1974年の王貞治以来44年ぶりとなる史上2人目のシーズン130四球をマークしった。セ・リーグのある投手は「スタメンにいるだけで嫌ですよ。ボール球をきっちり見極めるし、甘くなったら長打の危険性がある。不調でも怖さは変わらない」と警戒を強める。

 首位・阪神を追いかける中、逆転優勝に向けて丸の復調は不可欠な要素だ。二番のウィーラー、四番の岡本和真が打撃好調の中、丸をどの打順に当てはめるのがチームにとって最善策か。原監督の今後の起用法が注目される。

写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル