top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

スペースXが海上に宇宙港を建設中。開港は来年を予定(イーロン・マスク)

カラパイア

スペースXが海上に宇宙港を建設中

 5月30日、イーロン・マスク氏がスペースXの次なるプランをツイートした。それによると、2022年の稼働を目処に、現在海上に「Deimos(ダイモス)」というロケット打ち上げ基地を建設中であるそうだ。
 CGで作られたイメージ図によると、スペースXが開発する宇宙船「スターシップ」は、燃料を補給したのちにダイモスから打ち上げられることになるという。

スペースXが海上のオイルリグ(石油掘削装置)を購入


 スペースXの海上打ち上げ基地は、今回公表されたダイモス以外にも「Phobos(フォボス)」という基地の存在も知られている。いずれも火星の衛星にちなんだ名称だ。

 今年1月、スペースXが2基のオイルリグ(石油の掘削装置)を購入していたことが明らかにされた。その所有権は昨年9月にローン・スター・ミネラル・ディベロップメントという企業に移転されている。

 どこか謎めいた企業だが、記録から確認できる責任者の名前はただ1人、ブレット・ジョンソンだけだ。この人物はスペースXの最高財務責任者で、同社の戦略的買収グループのトップでもある。

3_e2
image by:twitter@Kendall_Dirks

73×77メートルのメインデッキ


 オイルリグはスペースXが購入する以前、ENSCO 8500ならびにENSCO 8501という名称だった。どちらも米ヒューストンにある沿岸掘削業者ヴァラリスの施設だったが、同社が倒産したとき、スペースXがそれぞれ350万ドル(約3億7000万円)で買い取った。

 ENSCO 8500シリーズのメインデッキは73×77メートル。参考までに言っておくと、スターシップは直径9メートル。スーパーヘビー・ブースターを搭載すれば、全高121メートルになる。

0_e2
image by:スペースX

地球上の超音速フライトにも利用


 マスク氏はこれまでにも海上打ち上げ基地について、いく度か言及している。たとえば2020年6月には、「スペースXは火星・月ならびに地球上の超音速飛行向けのフローティング式超重力級宇宙港を建設中」とツイートしている。

 こうした発言によるならば、宇宙港は世界中に建設される予定であるようだ。近隣都市を打ち上げの轟音から守るために、海岸から32キロ離れた洋上に建設され、そこから世界各地を結ぶ。これはスターシップのコストを賄うことにもなる。

 今年2月には、スペースXが所有する打ち上げ場からこうした宇宙港へのフライトが行われる旨の説明もあった。

 打ち上げ場はおそらく同社が南テキサスに所有する「スターベース」のことだと考えられているが、マスク氏は、こうしたコミュニティが今後1、2年で数千人に成長するだろうと予測している。

References:New ocean spaceport reveals SpaceX’s next chapter/ written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル