top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

漫画『血の轍』の魅力をネタバレ紹介!押見修造が描く毒親が怖すぎる

ホンシェルジュ

衝撃の話題作『血の轍』。そのテーマは「毒親」です。『惡の華』を描いた鬼才・押見修造が描く、何気ない日常の中に確かにひそむ不穏と静かな恐怖。連載開始当初からその独特の世界観が話題を集めている『血の轍』の魅力を、ネタバレ紹介していきます。

漫画『血の轍』の魅力をネタバレ紹介!押見修造が描く毒親が怖すぎ!

『ぼくは麻理のなか』『ハピネス』など、圧倒的な世界観をもつ傑作を世に送り出している鬼才・押見修造の最新作が『血の轍』です。彼の作品の最大の魅力は、痛々しいほどのリアリティ。圧巻の画力で描き上げられたキャラクター達は、作者によって確かに命を吹き込まれ、流れ落ちる汗の一粒一粒が匂い立ち、息遣いや鼓動までも響いてくるような迫力をもっています。

本作のテーマは「毒親」。なんてことのない平穏な家族の日常に、静かにひそむ狂気と不穏……。

「この漫画は凄い」。その一言に尽きます。ぜひご一読を。

著者押見 修造 出版日2017-09-08

漫画『血の轍』のあらすじ

中学生の静一が見た「夢」。母・静子と手をつなぎ歩いていると、静子が指さす先に猫を見つけます。ふたりは猫をなでてみるのですが、その手触りで、もう死んでいることが分かりました。なんで死んじゃったのかなぁと問いかける静一に、静子はなにも言わず、にっこりとほほえみます。

著者押見 修造 出版日2017-12-27

この印象的な夢の回想から物語は始まります。

広告の後にも続きます

描かれるのは、なんてことのない日常、温かい家庭。でも、なにかがおかしい。おかしいとまでは言わずとも、普通ではないなにかを抱えたまま、物語は淡々と進みます。

息子を愛する母の愛情は、どこか異質で異様なものでした。そしてある事件をきっかけに、壊れていく息子。読んでみなければ分からないほど、静かに静かに恐怖が押し寄せます。

漫画『血の轍』登場人物①無意識に支配された息子【静一】

出典:『血の轍』1巻

 

少し内気な、どこにでもいる少年です。クラスメイトとふざけ合いをしたり、気になる女子にちょっかいを出したり、思春期真っただ中の中学生です。静子とのスキンシップを照れて嫌がりもするけれど、友達との約束よりも、好きな女の子の気持ちよりも静子を優先します。

静子が起こした事件のあとも、静子をかばい、必死に守ろうとします。静子の、暗に押し付けるような愛情を決してはねつけることなく、むしろ受け入れているようにも見受けられます。

 

漫画『血の轍』登場人物②度を超えた母の愛情にぞっとする!【静子】

出典:『血の轍』1巻
  • 1
  • 2

TOPICS