top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『さんま御殿』爆弾発言ぶちかまし!“炎上上等”のフリーアナウンサー・市野瀬瞳インタビュー

週刊実話WEB

フリーアナウンサー・市野瀬瞳 (C)週刊実話Web 

元中京テレビの局アナからフリーに転身した市野瀬瞳。

【関連】“ポスト夏目三久”を狙い大騒ぎ!フリー女子アナたちのお色気サバイバル ほか

今年1月、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に初出演した際には、司会の明石家さんまに臆することなく爆弾発言を連発して世間の注目を浴びた。というか、自身のSNSにアンチコメントがたくさん集まり炎上してしまったという。ある種、新しいジャンルのフリー女子アナとも言える彼女に、〝炎上上等〟の心意気を聞いた。

――『さんま御殿』では、初登場でいきなり「夫と別居しています」とぶちかますなど、爆弾発言の連発でした。アンチコメントが凄かったそうですね?

市野瀬 もう、たくさんいただきました。「ただのワガママ女だ」とか。それでも私、「皆様からのアンチコメントがすごい! でも、ありがとうございます」って呟いたんです。

広告の後にも続きます

――昔から、そのキャラなんですか?

市野瀬 それが、全くそうではなかったんです。最初にアナウンサーとして入ったのが地元の新潟総合テレビで、そこではむしろ清楚でかわいいアイドルキャラでした。バラエティー番組もなかったため、自分の個性を出すなんてご法度のような職場だったんです。

――元から女子アナ志望?

市野瀬 いいえ。18歳まではクラシックバレエの教室を開いて先生になるのが夢でした。でも、ケガがきっかけでレッスンが嫌になり、方向転換したんです。大学に通いながら、スポットライトを浴びるのは嫌いじゃないな、発表会でお客さんに注目されて拍手をもらえるドキドキ感や緊張は快感だったなって。またその感覚を味わいたいと思い、アナウンサーを目指しました。在京のキー局を3社受けて、落ちたので地元のテレビ局を受けたんです。情報番組を担当させてもらった時は、ツインテールにオーバーオール。ピンクのリュックを背負って、すごくかわいいキャラだったんです。AKBみたいなフリフリ衣装も着ていたんですよ。

――まさにアイドル風のいでたち。モテましたか?

市野瀬 はい、モテました(笑)。息子の嫁にどうかというのもあったし、追っかけや出待ちの人も、ありがたいことにいました。上司が心配して、朝は親に車で送ってもらい、帰りはタクシーで強制送還でした。時々は運転手さんに口止めして飲み歩いてたんですけどね。お酒が大好きなので。

準地方局の中途採用募集を探しまくり

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル