top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

原監督の勇退確実の巨人…エース菅野は今オフ渡米&小林誠司が楽天へトレードか

週刊実話WEB

原監督の勇退確実の巨人 (C)週刊実話Web

新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、メジャーリーグ球団の財政が回復。

【関連】阪神タイガース首位独走でも…先発投手陣“不満爆発寸前”ブルペン裏 ほか

巨人のエース・菅野智之のサンフランシスコ・ジャイアンツ移籍が決定的となりつつある。これに伴い、「ケア役」だった桑田真澄投手チーフコーチ補佐のミッションも終了。原辰徳監督は今季限りで勇退し、阿部慎之助二軍監督の〝昇格〟にシフトを変更する――。

右肘の違和感により5月8日に登録を抹消された巨人のエース・菅野智之だが、セ・パ交流戦が始まっても復帰せず、さまざまな臆測が飛び交っている。

「重症説」が囁かれる一方、「今オフのメジャー移籍の布石」という情報も錯綜。メジャー移籍が内定し、来季へ向けて体調を整えているというのだ。

広告の後にも続きます

メジャーでは、秘密裏にFA移籍が内定した投手を、意図的に休ませるケースが多々ある。肩や肘の温存が目的だが、今季の菅野がまさにそのケースだというのだ。メジャーリーグの代理人が声を潜めて本誌の取材にこう明かす。

「日本でもFA交渉はシーズンオフからで、事前交渉はご法度です。しかし、菅野の代理人ジョエル・ウルフ氏は米国におり、行動をすべて掌握できません。菅野には前回の交渉で年俸800万ドル(約8.7億円)とギリギリのところまでいったSF・ジャイアンツがあり、新たに年俸10億円オファーを出したという情報があります。米球界はコロナのワクチン接種成功で財政的な見通しが立ち、菅野の面目が立つ条件に応えられる状況になりました。移籍は決定的です」

菅野の「巨人卒業」は、来季の監督選定にも大きく影響する。原辰徳監督は昨年暮れ、山口寿一オーナーに提案して15年間、巨人を離れていた桑田真澄氏を投手チーフコーチ補佐で招請した。

原監督の今季限りでの勇退が確実に

一昨年に三度目の監督復帰を果たし2年連続でリーグ優勝したものの、そのいずれも日本シリーズでソフトバンクに4連敗。悲願の日本一を早大、東大でスポーツ科学を学び、独自の野球理論を持つ桑田氏に託した構図だが、それ以上に期待したのは、メジャー転身がかなわなかった甥でエースのケア。つまり心のリフレッシュにあった。

「桑田氏は2006年に巨人を退団した翌年、ピッツバーグ・パイレーツでメジャーのマウンドを踏んでおり、米球界事情にも詳しい。その英知を菅野の〝再挑戦成功〟につなげようとしたのだろう。原監督は今季の菅野に、東京オリンピック、クライマックスシリーズ、日本シリーズで登板してくれればと期待している。それを、メジャー移籍につなげたいという桑田コーチの進言に沿って、ファームで調整させているのだろう」(スポーツ紙デスク)

思惑通り、菅野のメジャー転身が確実になったことで、原監督の今季限りでの勇退が確実となり、次期監督問題が本格化した。本来なら論功行賞で桑田氏の「監督抜擢案」が浮上するところだが、原監督の胸の中は違う。従来の既定路線通り、阿部慎之助二軍監督に禅譲する方針という。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル