top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

チョウチンアンコウの生態を解説!オスの末路が切なすぎ!光る仕組み等も解説

ホンシェルジュ

まだまだ謎に満ちている深海の世界で圧倒的な人気を誇っているのが、チョウチンアンコウです。意外な繁殖方法を知ると、彼らの暮らしている環境がいかに過酷なものなのかを垣間見ることができます。この記事では、チョウチンアンコウの生態や繁殖、光る仕組み、姿を見ることができる水族館などを紹介していきます。あわせておすすめの関連本も紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

チョウチンアンコウの生態は?大きさや生息海域など

アンコウ目チョウチンアンコウ科に分類される魚類です。「深海魚」といわれて真っ先に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

体長は、メスが40~50cmほど、オスは極端に小さく5cmほどしかありません。紫がかった灰色や黒色をしていて、体は丸く、下顎が出ています。

最大の特徴は、頭部から1本生えている「誘引突起(イリシウム)」と呼ばれる触手のようなものと、その先端にある「発光器」でしょう。また全身がいぼ状の突起に覆われています。

主な生息地は大西洋の深海部です。そのほかカリブ海の熱帯域や、太平洋、インド洋にも分布していますが、数は多くありません。具体的な水深は明らかになっていませんが、200~800m域でよく捕獲されるようです。

 

切なすぎる!チョウチンアンコウのオスの末路は「吸収」

広告の後にも続きます

チョウチンアンコウのオスの体長は、メスの10分の1ほどしかありません。一見別の種類の魚かと思ってしまうほどですが、これだけの差があるのにはきちんと理由があります。

多くの生物のオス同様、チョウチンアンコウのオスもメスを求めて生きます。しかし彼らの場合、メスを見つけると交尾をするのではなく、体に噛みつくのです。そしてそのまま離れず、特殊な酵素を出して徐々に融合していきます。

最終的にオスの体は吸収され、精巣のみが残り、メスはいつでも出産をできる体になります。ちなみに融合できるオスは1匹のみとは限らず、同時に複数匹のオスがメスの体にくっついていることもあるそうです。

なぜこのような特殊な生殖方法をとるのか、明確なことはわかっていませんが、確かに合理的だと考えられる理由がいくつかあります。

チョウチンアンコウが生息している深海は餌がとても少ないため、個体数が多いと同じ種のなかでも餌を取り合うことになります。加えて、広大な海でオスとメスが出会える可能性は低いので、1匹のメスに複数匹のオスが融合したほうが子孫繁栄に効率的なのでしょう。

 

チョウチンアンコウが光る仕組みと、捕食方法

  • 1
  • 2

TOPICS