top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

菅首相を退陣に追い込む“三重苦”内閣支持率16.1%の衝撃!

週刊実話WEB

菅首相内閣支持率16.1%の衝撃!(画像)Africa Studio / shutterstock

新型コロナ対策の迷走で国民に愛想を尽かされはじめた菅内閣に、自民党内からも「三重苦でいよいよ土俵際に追い込まれている」という声が漏れ出した。

【関連】菅首相が“続投”へ意欲満々!「安倍&麻生連合」スリ寄りの密談政治 ほか

三重苦とは、「都民世論調査で菅内閣支持率16.1%」「菅首相の地元である横浜市長選の混乱」「五輪ゴリ押し決行で始まる本当の地獄」のことだ。

まずは、1つ目の菅内閣に対する都民支持率の実態。

「厳しい数字だ。前回同様、都議選で自民党が大敗した悪夢の再来があるかもしれない」(自民党幹部)

広告の後にも続きます

そもそも、「菅内閣支持率16.1%」はどこから出てきた数字なのか。

実は、この驚愕の低支持率は東京新聞・東京MXテレビなどが、都議選を前に5月22日と23日に合同で行った「都民意識調査」の結果だ。都議選は6月25日告示・7月4日投開票で実施される。4年前の都議選では「小池旋風」で批判の的となった自民党は59あった議席を23と半減させる大惨敗を喫し、都議会第1党の座から転落した。 来る決戦に向け、自民党は何が何でも第1党への復活を目指し、59人の擁立を予定するなど必勝態勢で臨んでいる。

一方、前回の都議選で55議席と大躍進した小池新党『都民ファーストの会』は自民党の勢いに押され、「大幅な議席減」という情報が駆け巡っている。

その最中の都民意識調査。全国紙都庁担当記者が解説する。

「調査では東京五輪・パラリンピック開催の賛否、政府のコロナ対策の評価と併せて、菅内閣を支持するかどうか、都議選での投票先政党などを聞いている。その結果が『菅内閣の支持率16.1%』、政府のコロナ対策には約8割の都民が『評価しない』と厳しい現実を突き付けたのです」

横浜市長選で負ければ“菅おろし”一気に加速

東京MXテレビ関係者が続ける。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル