top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

北川景子“咲”と永山瑛太“紘一”の相手を思うが故のすれ違いに「みんな幸せになって」

テレビドガッチ


北川景子が主演を務めるドラマ『リコカツ』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第8話が、6月4日に放送。相手の幸せを願うからこそ、すれ違ってしまう水口咲(北川)と緒原紘一(永山瑛太)の姿に、インターネット上では「泣ける」「切ない」などの声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

“交際ゼロ日”でスピード結婚した現代的で自由な家庭で育った自分に正直な女性・咲と、厳格な自衛官一家で育った航空救難団のエース隊員・紘一を中心に、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女のもめ事を「リコカツ」というキーワードを通じて描き出す“離婚するかもエンターテインメント”。

紘一は、離婚によって咲を傷つけてしまった責任を感じ、咲が幸せになるまで見守ることを誓う。その上で、元カレで弁護士の青山貴也(高橋光臣)が咲の再婚相手にふさわしいのではないかと思い至る。「青山さんであれば、君を守り、幸せにできる」と咲に伝える紘一。そして、「自分は君が別の人と幸せになるまでは自分の幸せを考えることはできない」と言い切る。

咲と貴也の結婚を願う紘一は、2人のデートを無理やりセッティング。咲は斜め上の行動ばかり取る紘一への不満を口にするが、貴也には「楽しそうだね」と言われてしまう。さらに貴也は、結婚生活がケンカばかりだったのは紘一と真剣に向き合っていたからだと指摘する。

一方、咲が担当している小説家の水無月連(白洲迅)も、咲へのアプローチを開始。紘一に「水口咲は俺がもらうよ」と宣言したかと思えば、咲には「俺、あんたのために書きたい。誰かのためにとか思ったの初めてなんだ」と胸の内を明かす。また、貴也の存在を知った連は、咲にある賭けを提案。それは、執筆中の小説が書き終わったときに咲が誰とも付き合っていなければ、自分と付き合うというものだった。

貴也や連から思いを寄せられる咲だったが、気がかかりなのは自分のことよりも紘一のこと。咲は一ノ瀬純(田辺桃子)と会い、純の紘一に対する思いを確認。父と同じパイロットになることが夢だったと語りながらも、結婚したら夫のために仕事は辞めるつもりだという純に、咲は「本当はまだ好きなんですよね、紘一さんのこと」と指摘し、「私たちは離婚したんですから、もう気にしないでください」と告げる。

お互いの幸せを心から願う咲と紘一だが、相手への思いは消えないまま。紘一は咲の家を訪ね、「ひだまりのように温かく穏やかな居場所を見つけてほしい」と告げ、咲が前に進めるように、あるウソをつく。

ネット上では、相手を思いやるが故にすれ違ってしまう2人に反響が続出。「お互いを大切に思うからこそ切ない」「相手の幸せを思ってウソつけるとかすごい」「めっちゃ泣ける」「みんな幸せになって」などのコメントが寄せられた。

次回、6月11日放送の第9話では、咲が紘一との思い出が詰まった共有名義のマンションを売ることを決意する。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル