top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小説『南総里見八犬伝』は、まるで少年漫画!?8つの玉を集める壮大な冒険ストーリー!

ホンシェルジュ

本作は江戸後期に流行した、読本と呼ばれるエンターテインメント文学の代表作の1つ。28年に渡って書き継がれた大長編であり、冒険活劇伝奇小説です。神秘的な因縁によって結び付いた8人のヒーローが徐々に集結し、反発や敵対を経ながらも最後は固い友情で結ばれともに戦うという、痛快娯楽作品となっています。今日まで繰り返し映像化されている人気のある作品です。

小説『南総里見八犬伝』の内容がざっくりわかる!簡単なあらすじと特徴

 

内容は冒険ファンタジー!

室町時代、妖女・玉梓の呪いにより、安房国の武将である里見家の娘・伏姫は、飼犬・八房の妻となります。伏姫が死ぬ時に飛び散った8つの数珠の玉には仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌の文字がありました。これにより、関八州に生まれた八剣士が織りなす長い物語が始まります。

上田秋成の『雨月物語』などと並んで江戸時代の戯作文芸、つまり通俗娯楽小説の代表作です。『雨月物語』が怪異を美しい情緒とともに描いたのに対して、本作は冒険ファンタジーとなっています。

 

著者曲亭馬琴 出版日2003-02-05

広告の後にも続きます

 

『水滸伝』と中国古典の影響

本作が『水滸伝』の影響を受けていることは有名で、神秘的な因縁で結び付いた英雄たちが集結するという設定はよく似ています。また合戦の描写も『水滸伝』や『三国志演義』を下敷きにしたものです。

作者の滝沢馬琴は、自ら『水滸伝』を翻訳するほど中国古典に詳しい教養人で、このほかにも『捜神記(そうしんき)』や中国の説話、歴史書などの影響が見られます。

モデルとなった地域と史実

この作品自体はフィクションですが、モデルになった地域や史実もあり、聖地と呼ばれる場所も各地に存在します。たとえば、里見家は南房総を拠点とした実在の武将で、戦国時代には千葉県の久留里城の城主でした。また館山城の築上を命じたのも彼らといわれます。

  • 1
  • 2

TOPICS