top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

本当に大事なものとは何ですか?SFの名作『アルジャーノンに花束を』の悲しい結末とは

ホンシェルジュ

本作はアメリカの作家、ダニエル・キイスの作品です。知的障害者チャーリイが臨床試験で急激に知能を高め、周囲との関係性がめまぐるしく変化していく様子を描いたSF小説。日記体で綴られていることから、フィクションとは思えないほど真に迫った内容です。また、海外では4度映画化され、日本でも2度ドラマ化されるなど長きにわたって愛されている作品でもあります。

この記事では、そんな名作SFをわかりやすく読み解いていきたいと思います。

小説『アルジャーノンに花束を』の悲しい魅力、伝えたいこととは?【あらすじ】

 

元々1959年に雑誌に発表された中編小説でした。1960年にはヒューゴー賞(SFのアカデミー賞のようなもの)を受賞。その6年後、長編小説としてあらためて出版されました。こちらの長編小説版もヒューゴー賞と対になる、ネビュラ賞に輝いています。

今回ご紹介するのは長編小説の方です。中編版とは多少細部が異なるのでご了承ください。

 

著者ダニエル・キイス 出版日2015-03-13

 

広告の後にも続きます

主人公の名前はチャーリイ・ゴードン。年齢は32歳ですが、知的障害のため6歳児程度の思考力しかありません。彼はパン屋で地道に働きながら、障害者向け学習クラスに通っていました。

ある時、学習クラスの担任アリスは、大学のつてでニーマー教授、ストラウス博士を彼に紹介します。2人は知能発達の研究をしており、チャーリイは臨床試験被験者に選ばれたのでした。

動物実験によって賢くなったハツカネズミ「アルジャーノン」に感動した彼は、脳手術を承諾。実験によって彼はみるみる頭が良くなり、後天的天才になるのですが……。

彼は自身にコンプレックスを抱いており、賢くなればそれが解決すると思っていました。実験の成果により、その願いは叶います。ところが実験がもたらしたのは、よいことばかりではありませんでした。

本作は非常に示唆的な物語です。人生において大切なことを、彼の身に降りかかることから示しているように思えます。

 

『アルジャーノンに花束を』にはモデルはいるの?【登場人物】

  • 1
  • 2

TOPICS