top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『鋼の錬金術師』ロイ・マスタングを徹底考察!最強の色男(女たらし)!

ホンシェルジュ

漫画『鋼の錬金術師』で、主人公に次ぐ人気キャラといえば、ロイ・マスタング大佐ですね。狡猾でありながら抜けたところもある人物。ここでは、そんな人気キャラであるマスタング大佐の魅力を徹底紹介したいと思います。

焔の錬金術師 ロイ・マスタング大佐とは

出典『鋼の錬金術師』1巻

女好き、サボリ魔、作品内最強キャラ、でも雨の日に無能。さまざまな特徴を持ち、その実力の高さと実は熱い一面を持つ性格から人気があるのがロイ・マスタング大佐です。

彼の一番の魅力は、やはり確固たる信念と行動力、そして仲間を想う情の厚さではないでしょうか。普段のへらへらしているようにも見える態度からのギャップにやられてしまいます。

また、時折見せるホークアイ中尉との暗号のやり取りや、部下たちとの芝居など、権謀術数を巡らせてストーリーを盛り上げるのも彼の役割。抜け目のないスマートさを感じられます。

自身の野望を果たすための行動力やストイックさで、読者を引き寄せるロイ・マスタング。この記事ではそんな彼の魅力について徹底的に紹介します!

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

めっちゃ強いのにサボリ魔で女たらし

出典:『鋼の錬金術師』9巻

広告の後にも続きます

軍事国家アメストリスの軍部の人間であり、「焔の錬金術師」という二つ名を持つ国家錬金術師のマスタング。

登場当初は東方司令部勤務の司令官であり、29歳という若さながらに大佐という地位に立つ優秀な軍人です。そこからストーリーを追うごとにさらに出世もしていく実力者。

その容貌は黒髪に黒目という少し幼さが残る顔つきです。そのため、本人は自分の容姿には少々威厳が足りないと密かに悩んでいます。

とはいえ、彼はそのギャップと女性に対してマメである性格からか、大変モテるプレイボーイ。よく仕事をサボり、副官のホークアイ中尉に咎められたり、いい加減なことを言って怒られたりと、女性以外の面では職務怠慢で緩い一面もあります。

しかし、実は登場時から女たらしと描かれていた彼がデートしていた女性は、実は情報源として彼に協力していた友人でした。

女好きで軽薄に見える普段の姿さえ、目的を果たすための演出だったという一面もあります。こんなつかみどころのないところもまた、マスタングの魅力です。

マスタングの性格は、冷静さと熱さでできている?

出典:『鋼の錬金術師』23巻
  • 1
  • 2

TOPICS