top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

マツコ、すとぷりとディープトーク

テレビドガッチ


マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。6月5日の放送には、YouTube登録者総数870万人を超えの「すとぷり」メンバー6人を深掘りする。

「すとぷり」は、歌やゲーム実況など、それぞれ違ったジャンルで活動していた6人が集まったエンタメユニット。生配信を中心にさまざまなジャンルの動画を投稿していて、その数は2016年の結成から4年半でおよそ4000本にもおよぶ。普段の活動では顔を出していないのだが、ファンと直接会えるライブやイベントなどでは素顔を見せている。今回はマツコと双方、顔を見て話がしたいとのことで、放送では隠れるがマツコには顔を見せて収録することに。

メンバー6人全員が、ぬいぐるみで顔を隠した状態で中継がスタート。「ジェルちゃんの声が一番好きかな」というマツコの要望で、オレンジ担当ジェルが最初に顔を出すことに。少し戸惑いながらも、ぬいぐるみを外すと、マツコは「ほら、ちょっと大人」と、第一印象を語る。そのあと、ほかのメンバーもマツコに素顔を見せると、「やっぱりジェルちゃんみたいな、おとぼけ好きなんだっていうのが、自分で分かったわよ」と言うマツコに、ジェルは「僕もマツコさんタイプですよ」と機転よく切り返して、盛り上げ上手な一面を見せてくれる。

そのあとも、ゲーム実況で活躍するさとみが、実況中によく登場する「ナイス」のフレーズを披露したり、一番のパリピ担当ころんが「猿のモノマネ」をしてかわいい一面を見せたりと、それぞれ違った個性を発揮する。

そんな個性的なメンバーを集めたのがリーダーの“ななもり。”で、メンバーの活動をサポートする会社を自ら立ち上げている。ななもり。が活動のきっかけを話し始めると、知的ないい声で理路整然とした話し方に、マツコは「このまま、ななもり。ちゃんの話聞いてたら、最後に壺買ってるんじゃないかって……。やっぱり一人だけ喋り方が何かを説得するタイプよね」と、そのプロデューサーとしての手腕を称賛する。

さらに、このあとも、すとぷりvsマツコのディープなトークが続々と登場する。

前回の放送では、YouTuberのブリアナ・ギガンテが登場。「小粒ちゃんメイク」のこだわりや名言を深堀りしていった。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル