top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

横山裕演じる狩野、コタローに付き添いメイド喫茶へ!

テレビドガッチ


関ジャニ∞の横山裕が主演を務めるドラマ『コタローは1人暮らし』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の第7話が、6月5日に放送される。

本作は、累計部数100万部突破の人気同名コミック(津村マミ/小学館)を映像化したハートフル・コメディ。子連れ入居禁止のアパートで自堕落な日々を送る売れない漫画家・狩野進(横山)の隣の部屋に、何やら訳ありな1人暮らしの5歳児・さとうコタロー(川原瑛都)が引っ越してくる。大人びた言動の裏に隠されたコタローの過去が少しずつ明らかになると共に、風変りなアパートの住人たちとの交流が描かれる。

前回放送された第6話では、別れを認めない彼氏が秋友美月(山本舞香)に付きまとい、アパートまで来て暴力をふるったことを知ったコタローが、美月とずっと一緒にいたい気持ちを抑え、引っ越して逃げた方がいいと助言するストーリーが展開された。

<第7話あらすじ>
「アパートの清水」では、住人たちが寝静まった深夜になると、部屋の前に石が積まれるという怪奇現象が続出していた。売れない漫画家・狩野進(横山)と田丸勇(生瀬勝久)がその話をしていると、なぜか突然、1人暮らし中の5歳児・コタロー(川原)が「わらわの仕業ぞ……」とガックリ。すっかり落ち込んでしまう。

その日の深夜、狩野の部屋のインターホンが鳴り、コタローがやって来る。自分の足にしがみついて離れない、初めて見る甘えん坊なコタローの姿に、狩野は激しく動揺して……?

翌日、弁護士の小林綾乃(百田夏菜子)と約束があるというコタローに付き添うことになった狩野だが、着いた場所はなんとメイド喫茶! あーりん(佐々木彩夏)らメイドたちに「おかえりなさいませ、おぼっちゃま」とお出迎えされ、いつになくハイテンションなコタローだが……?

一方、「幼稚園の清水」では、新任教諭・花輪景介(西畑大吾)が、大ピンチに!?

遊んでいる最中でも突然寝てしまうことの多い園児を心配した花輪が、保護者にそのことを伝えると、なぜか逆ギレされてしまい……!?

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル