top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

熊田曜子の被害報道で考える「DVをされたときに取るべき行動」

女性自身

熊田曜子の被害報道で考える「DVをされたときに取るべき行動」

タレントの熊田曜子さん(39)が口論の末に夫から顔を平手打ちされ、体を蹴られたとして警察に通報。夫が暴行容疑で逮捕されました。

 

熊田さんは過去に夫が夕飯を食べてくれなかったことや、義母から理不尽なお説教を自分と実母が受けたことをSNSに投稿。また最近では、夫が気づいたら会社を辞めて起業していたことをテレビ番組でも話していました。

 

一部では“夫が熊田さんに不倫疑惑を突き付けていた”とも報じられていますが、熊田さんの所属事務所は“事実無根”と否定しているといいます。

広告の後にも続きます

 

夫はすでに釈放されていますが、熊田さんは被害届を取り下げていません。今後も弁護士による協議を続けていくといわれています。さらには、離婚協議に入っていることも公表。夫婦の亀裂は、決定的なものとなってしまいました。

 

たしかに熊田さんの投稿を信じると、これは旦那さんにかなり問題があると思わざるをえません。ただ、熊田さん側も適切な対応を取れていたのでしょうか。

 

この先を描き進めるにあたって前提として、どんなにパートナーに怒りを覚えたとしても、人格否定や理不尽な制裁、言葉や物理的な暴力にうったえることは絶対にいけないことです。暴力をふるったほうが悪いのは間違いなく、殴ったという夫側を擁護したいという意図はない。そのことを、先に書かせていただきます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル