top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

前田敦子“AKBとの縁切り”決断!? 最近明らかになった事情とは

週刊実話WEB

“AKBとの縁切り”決断!? (C)週刊実話Web 

今年1月からフリーでソロ活動を始めた女優の前田敦子。それまで彼女は大手事務所O社に所属。方向性が違ったのか、国際派女優を目指すために辞めたということになっていたが、最近になって事情は全く違うことが明らかになった。
【関連】前田敦子「離婚」でバレた“美人カメラマン”を目の敵にした過去 ほか
「前田は元『AKB48』のメンバー。一部週刊誌によれば、彼女はAKBグループとの縁を切るためにフリーになることを決めたというのです。その決断は、果たしてどうなのか。身のほど知らずという気もしますが…」(芸能ライター)

前田が辞めたO社は、一緒にAKBの全盛期を盛り立ててきた大島優子、元『HKT48』のメンバーで超売れっ子の指原莉乃、『NGT48』の中井りからがいる。つまりAKBグループの影響力がある芸能プロと言っていいだろう。

「O社はもともとお笑い系で始まって、今はバラエティータレントが多い。でも大島は女優としてNHK連続テレビ小説にも出ているし、元宝塚の檀れいやベテラン女優の高島玲子、斉藤慶子なども所属しています。前田は〝国際派女優〟を目指して事務所を出たということですが、決して女優の仕事がないわけではない」(同・ライター)

「演技はヘタではないがうまくもない」

前田は2012年にAKBを卒業。O社時代には女優としてドラマには出ているが、主演級となると15年のドラマ『ど根性ガエル』など数えるほど。

「演技はヘタではないが、うまくもない。どんな場面でも顔を作り過ぎて大げさ。過度に表情を作るので浮く。音響装置がないアングラ舞台女優みたいです。あの表現力では、ドラマは厳しい」(テレビ雑誌編集者)

広告の後にも続きます

前田がどうして国際派女優を目指すのか。彼女は19年には日本・ウズベキスタン・カタール合作映画『旅のおわり世界のはじまり』(黒沢清監督)に主演している。

「黒沢監督は前田を評価しているんです。15年には前田敦子主演の『Seventh Code』で第8回ローマ映画祭最優秀監督賞を受賞。前田はドラマで全然評価されないので、映画で国際派女優を狙っているんです。でも『旅のおわり――』の興行収入は、わずか4109万円。ギャラを度外視した〝国際的マニア映画〟ならお呼びがあるかも」(映画ライター)

やはり元の事務所のバラエティー班としてガンバッた方が良かったかも!?
石原さとみ、“ジャニーズ圧地獄”元恋人の山下智久に救いの手!?
鷲見玲奈、干される!? 宇垣美里と同じテレビ業界の“掟破り”問題視
長澤まさみ“ガッキー後追い”電撃婚!? ウワサの彼の名前

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル