top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東京五輪強行開催なら「日本沈没」…感染力2倍コロナインド株パニック!

週刊実話WEB

東京五輪強行開催なら「日本沈没」(画像)wavebreakmedia / shutterstock

インドに由来する変異株感染者の累計が5月24日までに7都府県で29人になった。18日までの報告例は8人だから1週間で3倍以上に増えたことになる。このほか、28日時点で空港検疫で189人の感染が報告されている。

【関連】山口組分裂抗争――資金源の闇…新型コロナと東京五輪の影響 ほか

インド株の変異は感染力やワクチンの効果に関わる免疫に影響を及ぼす可能性があり、現在、日本で猛威を振るう英国株よりも、はるかに警戒しなければならないのである。

公衆衛生が専門の医師で作家の外岡立人氏が危惧する。

「いまやイギリスの変異株が世界標準株です。つまり、変異株といえば、インド変異株を指します。やがて、このインド株が日本の中で英国株と置き換わると思いますね」

広告の後にも続きます

脇田隆字・国立感染症研究所所長は記者会見で「国内で見つかったインド株はなるべく地域で見つけて囲い込むことが重要」と訴えており、インド株が相当やっかいな変異ウイルスであることを示唆している。

目下、高齢者へのワクチン接種を進めているが、完了までに時間が掛かれば掛かるほど、ワクチン耐性株の発生も懸念される。

「ワクチン耐性株、それは理論上はあり得るが、私自身はそれよりも日本でインド株がどこまで広がっているか、それを知りたい。世界各国の医療関係者はインドの変異株の動向で日本の運命が変わる、と考えています。英国やアメリカでは相当調べているようで、ファイザー社などはインド変異株のワクチンをいつでも作れるような態勢を整えています」(外岡氏)

世界では、すでに新たな変異株に対処できるステージを見据えているのだ。

感染爆発の有無はワクチン接種にかかっている

「感染者数は大都市圏で減っているものの、重症者数は多い。人が外に出てきて、他人との接触数が増えてくると感染者数は増加し、確率的に重症者の数も増える。英国変異株は、かつての従来株の1.4倍、インド変異株はその1.4倍感染力が上がっているとの報告があります。とすると、初期の中国・武漢発生株の2倍前後の感染力ということになる。インド変異株が日本国内で流行株の大勢を占め始めたとき、その感染力は第3波のころの2倍となるわけです」(外岡氏)

ワクチン接種が早いか、それとも変異株の拡大速度が勝るのか。感染爆発の有無は、そこにかかっている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル